妻夫木智演じる残虐な殺人鬼“カエル男”がヤバすぎる!映画「ミュージアム」

Amazonプライム・ビデオにて絶賛配信中の大友啓史監督のサスペンスホラー映画「ミュージアム」。

 

今回は、超人気俳優の妻夫木智、小栗旬が出演し、大友啓史さんが監督を務めた作品「ミュージアム」の素晴らしさをあらすじや見どころなどから語っていきたいと思います!

ミュージアム(C)巴亮介/講談社 (C)2016映画「ミュージアム」製作委員会

Amazonプライムでミュージアムを見る

サスペンスホラー映画「ミュージアム」とは?

 

この作品は、20161112日に公開された、著者・巴亮介の漫画『ミュージアム』が原作の実写映画です。

 

まず初めにあらすじや見どころのいくつかをご紹介していきます!

 

残虐な殺人鬼「カエル男」VS殺人鬼を追う刑事「沢村久志」

ミュージアム(C)巴亮介/講談社 (C)2016映画「ミュージアム」製作委員会

 

刑事の沢村久志は、妻と息子の3人で暮らしていた。だが沢村は何よりも刑事の仕事を最優先していたため、妻は家族と過ごす時間がないことを悲しんでいた。

 

雨が降っていたある日、ひとつの殺人事件が起き、沢村と新米刑事で沢村の部下である西野純一は捜査に乗り出した。しかし有力な情報は得られなかった。

ミュージアム(C)巴亮介/講談社 (C)2016映画「ミュージアム」製作委員会

その後、この殺人事件に関するひとつのメモが発見され、そのメモには“ドッグフードの刑”と書かれていた。

 

数日後に再び殺人事件が起き、捜査に訪れた沢村と西野は事件現場で再び“母の痛みを知りましょうの刑”と書かれた謎のメモを発見した。この事件の発生当時には雨が降っていた。

雨の日に出現し犯行を行い、謎のメモを残すなど犯人の謎は深まる一方で、二人の被害者

の共通点を調べた結果、沢村は犯人の次のターゲットが自身の妻と子供であることを知る。

 

捜査を続ける沢村と西野の前に、謎のカエル男があらわれる。逃げるカエル男を必死に追い続ける沢村だったが、カエル男は沢村の目の前で西野を殺してしまう。

ミュージアム(C)巴亮介/講談社 (C)2016映画「ミュージアム」製作委員会

沢村は、西野を殺した上に自身の妻と子供を殺そうとしているカエル男に対し、殺意が増していた。そして沢村はついにカエル男を追い詰める。

 

残虐な殺人鬼「カエル男」VS殺意むき出しの「沢村刑事」。誰が生き残り、誰が死ぬのか?その衝撃の結末とは

ミュージアム(C)巴亮介/講談社 (C)2016映画「ミュージアム」製作委員会

Amazonプライムでミュージアムを見る

殺人を楽しむ狂った殺人鬼「カエル男」が怖すぎる!

 

連続殺人犯であり、沢村の妻と子供を狙う残酷な殺人鬼「カエル男」。

 

不気味なカエルのマスクをかぶり、フード付きのコートを着ているという見た目からカエル男と呼ばれています。

ミュージアム(C)巴亮介/講談社 (C)2016映画「ミュージアム」製作委員会

彼は雨の日に出現し、犯行を行っており、彼自身は自分の犯行を「殺人」とは思っておらず、「作品作り」と称して人殺しを楽しんでいるのです。

 

ちなみにこの「ミュージアム」というタイトルは、カエル男が自分自身を「表現者。人を楽しませるアーティスト」と称し、自分で作った作品でミュージアムを完成させるという意味から来ています。

彼は作品作り(殺人)を数多く行っており、そのほとんどが残酷でむごいものばかりです。その中でも、特にひどい“ドッグフードの刑”と“母の痛みを知りましょうの刑”をご紹介します。

 

まず一つ目の“ドッグフードの刑”とは映画の冒頭で最初に発生した第一の刑でした。

 

その内容は、被害者は身動きができないように鎖でつながれ、犯人が放った腹の空かせた大型犬3匹に食い殺されるという内容で、説明だけでも残酷でグロテスクです。

そして二つ目の“母の痛みを知りましょうの刑”とは、被害者の体から被害者の出生時の体重と同じ重さの肉をそぎとるという内容で、こちらもとてもグロテスクです。

他にもカエル男はさまざまな刑を執行しています。その点が見所ですが、グロテスクな表現が苦手な方は注意してご覧下さい。

 

また、映画の後半ではカエル男の本名や素顔が明らかになります!

 

カエル男役は妻夫木智さんが演じているのですが、その姿がとても衝撃的なのでそこにもぜひ注目してご覧下さい!

Amazonプライムでミュージアムを見る

二人のバトルを白熱させる最高の主題歌!

映画「ミュージアム」は、殺人鬼と刑事の壮絶なバトルが見どころですが、そんな二人の壮絶なバトルをより白熱させているのが主題歌です!

 

では、映画「ミュージアム」の主題歌をご紹介したいと思います!

 

独特な雰囲気やスピード感が最高な曲!

この映画「ミュージアム」の主題歌は、超有名ロックバンドの「ONE OK ROCK」が担当しています。曲名は「Taking Off」。

 

独特で謎の雰囲気や激しいスピード感が映画にとてもマッチしていて、最高です!

 

ロックバンド「ONE OK ROCK」は言わずと知れた大人気バンドで、英語で歌っている曲が多いため、海外のファンもたくさんいます。今回の主題歌「Taking Off」も英語で歌っています。

 

Taking Off」の意味は「地面から飛び立つ」という意味で、歌詞全体を見ると、いつもどおりの現状に疑問があり、彼女と一緒に新しい世界へ飛び立とうという意味を読み取れます。


created by Rinker
¥918 (2019/08/21 22:02:56時点 楽天市場調べ-詳細)

常に挑戦を続けているONE OK ROCKらしさが感じられる曲です。ぜひ気になる方は聞いてみてはいかがでしょうか?

Amazonプライムでミュージアムを見る

ミュージアムのキャスト、監督紹介

 

ここまで映画「ミュージアム」のあらすじや見どころなどを語ってきましたが、最後にこの映画の重要キャラを演じた二人と監督さんをご紹介します。

 

狂気的なキャラを演じた二人の演技力!

 

まずは主人公「沢村久志」を演じた小栗旬さんについてお話します。

Amazonプライムでミュージアムを見る

沢村刑事は、連続殺人犯を追い求める仕事熱心な刑事であったが、妻が次のターゲットと知ってから犯人への殺意が芽生え始めるなど、後半になるにつれて感情の変化がたくさんある役柄です。

 

そんなキャラの役柄を小栗さんは、さすが大物俳優と言わんばかりの演技力を見せつけてくれました!

 

映画の一番初めの入りが小栗さん一人のシーンなのですが、はじめからとても見入ってしまう演技で釘付けになりました。

 

クライマックスでの泣き崩れるシーンや犯人を追い詰めるシーンなどは、あまりの演技力に私も泣いてしまいました。本当に圧巻です!

 

そして次に、「カエル男」を演じた妻夫木智さん。

 

今回の役柄はとにかくサイコパス!恐ろしいキャラを妻夫木さんは演じてくれました!この映画を見たら、今までの妻夫木さんのイメージが崩れると思います!

 

そしてクライマックスでカエル男の素顔が明らかになるとき、妻夫木さんの凄まじい演技力が感じられます!

 

不気味な笑い、狂気に満ちた目つき、本物のサイコパスではないか?と思うほど迫力があります!

 

映画監督「大友啓史」とは?

 

監督の大友啓史さんをご紹介します!

 

大友さんは岩手県で生まれ、慶應義塾大学法学部卒業後、1990年にNHKに入局し、1997年からハリウッドや南カリフォルニア大学で映像技術を学んだそうです。

 

そして数々のドラマを手がけ、2011年にNHKを退職し、それから数々の人気映画を手がけていきました。

 

大友さんが手がけた作品は、ドラマ「ハゲタカ」、「龍馬伝」や映画「るろうに剣心」(全作)、「プラチナデータ」など人気作品ばかりです!

 

これらの人気作品を手がけた大物監督・大友啓史さんの新たな人気映画「ミュージアム」ぜひご覧になってみてはいかがでしょうか?

Amazonプライムでミュージアムを見る

(ご紹介した作品は8月時点での配信状況です。視聴する時期によっては配信が終了している場合もありますのでご了承ください)