同期のサクラ!見逃し配信はHulu

見なきゃ損!平成最後の2018年隠れた名作映画洋画特集!

有名なスターが出演していたり、大作と呼ばれ莫大な制作費がかかっていたりするような映画は、プロモーションに力を入れていて多くの人に知られています。

しかし低予算で制作されていたり無名な俳優が出演している作品の中にも、良作が潜んでいることも…。

そんな多くの人に知られていないような名作を発見すると、とても嬉しくなりませんか?

まるで自分だけの宝物を見つけたような気分になります。

今回は2018年に公開されて、知名度は低いけれども名作な映画をご紹介していきます!

2018年隠れた名作!

2018年隠れた名作をご紹介します。

ジェニーの記憶

ジェニーの記憶出典:https://www.amazon.co.jp/

アメリカとドイツ合作のドラマ映画です。

日本では劇場未公開の作品で、アメリカではケーブルテレビ局のHBOにて放送されました。

原題は『The Tale』。

HBOとは、世界的な大ヒットとなったドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』や、主人公のお洒落なファッションと友人同士の赤裸々なトークで日本でも人気となった『セックス・アンド・ザ・シティ』などを制作した放送局です。

ドキュメンタリー作家のジェニファー・フォックスが監督、脚本を担当し、自身の子供の頃に体験した恐ろしい実話に基づいて制作された映画です。

この映画の主人公はジェニファー・フォックス自身。

ドキュメンタリー作家として成功したジェニファーのところに、ある日母親から電話がかかってくる。

電話の内容は、ジェニファーが13歳の時書いた日記を母親が見つけたというもの。

ジェニーの記憶©2018 The Tale

その日記には、13歳のジェニーが大人の男性と性的な関係を結んだことが書かれていたため、母親は激怒していた。

しかし日記を書いたはずのジェニーにはそんな記憶は全くない。

おぞましい体験だったあまり、彼女は自分の記憶の中から消し去っていたのだ。

そして彼女はその消し去った記憶を明らかにしようとする、というストーリー。

映画のテーマが「性的虐待」ということもあり、かなり重い内容です。

しかし謎を解き明かすというミステリー的な要素もある映画なので、その過程を追っていると物語にどんどん引き込まれます。

暴力を使わずに未熟な子供の心を掌握することで自分のコントロール下に置こうとする加害者の姿が恐ろしく感じると同時に、これが実体験であることにさらにゾッとさせられます。

監督がドキュメンタリー作家というだけあり、淡々とした描写ながらも見た人の心に強く訴える作品です。

こちらの作品は、アマゾンプライムビデオで視聴可能です。

ジェニーの記憶はこちらから

エブリデイ

2018年にアメリカで公開されたファンタジー恋愛映画です。

こちらも日本では劇場未公開。

日替わりで人間に憑依する幽体Aが、ある朝、男子高校生のジャスティンに憑依します。

登校したジャスティンは彼のガールフレンドであるリアノンと出会い、ジャスティンの中にいるAは彼女に恋をしてしまいます。

日替わりで別の人間に憑依するAは姿を変えながら、何とかしてリアノンに近づいて、自分のことを理解してもらうとしますが、あまりに現実離れしすぎたAの存在をリアノンはなかなか受け入れることができません。

しかしAの優しく愛情豊かな性格にリアノンも惹かれていき、毎日姿の違うAとデートをするように。

けれども、この不思議な関係にも徐々に無理が出始めて…、というあらすじの映画です。

Aの設定がかなり突飛なので敬遠されそうな内容ですが、Aとリアノンの切ない恋に最後は号泣必至の名作です。

自分は一体何者なのか?といったアイデンティティに関わる部分や、性別や外見を超越した人と人との結びつきなどの深い部分も描かれていて、単なる恋愛映画で終わりません。

ティーン向けの小説を原作とした映画ですが、大人でも十分に楽しめる作品です。

リアノンとジャスティンの海辺でのデートや、フットボール場でのデートシーンなど10代のキラキラした眩しさがよく表現した美しい映像や、主人公リアノンを演じたアンガーリー・ライスのキュートさも、この映画の魅力と言えます。

Aがインスタで自分の憑依した人間を記録しているのがなんとも現代的でユニーク。


エブリデイはこちらから

 

デトロイト

デトロイト(C)2017 SHEPARD DOG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

デトロイトはこちらから

2017年にアメリカで制作され、日本では2018年1月に公開されました。

1967年にアメリカ、デトロイトで発生した暴動の最中に起こったアルジェ・モーテル事件を描いた作品です。

映画の舞台は黒人の公民権運動が盛んだった1967年、アメリカ、デトロイト。

街ではアフリカ系退役軍人をたたえる式典が催されていた。

その最中にデトロイト市警は街にある違法酒場の摘発を行い、酒場の店主を逮捕する。

デトロイト(C)2017 SHEPARD DOG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

これがきっかけとなり、警察への投石が始まり、更には商店からの略奪や銃撃戦なども発生し、アメリカ史上最大規模と言われるデトロイト暴動へと発展していく。

そんな暴動の最中にデトロイトを訪れていた黒人バンドのザ・ドラマティックスは暴動に巻き込まれ、メンバーはひとまずアルジェ・モーテルに逃げ込み様子を見ることに。

しかしそこにいた別の黒人客のちょっとした悪ふざけから、後にアルジェ・モーテル事件と呼ばれる惨劇が起こってしまう。

出演している俳優の演技の上手さが際立ち、まるでドキュメンタリー作品を見ているのでは?と錯覚してしまうほど。

緊迫感が物語の端々に感じられ、予備知識があってもハラハラしながら見ることになります。

デトロイト(C)2017 SHEPARD DOG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

史実を基にした映画ということもあり、相当ヘビーな映画で後味も悪く、上映時間も2時間22分と長いので気楽に見られる作品ではありませんが、見ておくべき映画です。

U-NEXTはこちらから

Netflixはこちらから

まとめ

以上が、2018年に公開された隠れた名作映画です。

どの作品も派手さはありませんが、見終わった後で必ず心に残る物がある作品ばかりです。

映画館での上映は終了していたり日本未公開作品もありますが、動画配信サービスで視聴できるので、ぜひご覧になってみてください。

(ご紹介した作品は2019年8月時点での配信状況です。視聴する時期によっては配信が終了していることもありますので、ご了承ください)