同期のサクラ!見逃し配信はHulu

今だからこそ見てほしいアニメ映画の隠れた名作。「サカサマのパテマ」

大ヒット作「君の名は。」を生み出した新海誠監督の最新作「天気の子」が2019年7月19日に公開されました。

さらには2019年中には「HELLO WORLD」や「空の青さを知る人よ」などアニメ―ション作品が続々と公開予定です。

その多くはボーイミーツガールもの、もしくはガールミーツボーイものと呼ばれる少年少女の出会いから始まる不思議な物語です。

しかし皆さん新作ばかりに気を取られ、見逃している作品はありませんか?今回は予習の意味も込めて、2013年に公開された隠れた名作「サカサマのパテマ」をご紹介します。

サカサマのパテマ© Yasuhiro YOSHIURA/Sakasama Film Committee 2013

Huluで『サカサマのパテマ』を観る

Amazonプライムビデオで『サカサマのパテマ』を観る

サカサマのパテマってどんな映画?

少年が逆向きで空中に浮かび上がる少女を抱き支えるビジュアルが非常に印象的な映画「サカサマのパテマ」は2013年に公開されたSFアニメーション映画です。タイトルにもなっている「サカサマ」をテーマにした作品であり、サカサマ・トリップ・スペクタクルと称されます。

重力×ボーイミーツガール 

今作もまた、少年が一人の少女と出会い、導かれ冒険へ飛び出し、恋に落ちる。映画の中でも王道とされるボーイミーツガールものの一つです。

年の差、身分の差、時空の差、様々な違いを持つ男女が出合い、物語が発展してくボーイミーツガールものの中で、今回おすすめする「サカサマのパテマ」における最大の違いは彼らに与えられた「重力」がキーワードとなっています。

「イブの時間」のスタッフが贈る初の長編映画 

監督を務めるのは、アンドロイドと人間の心の交流を描いたことで有名なSFアニメーション「イブの時間」を製作した吉浦康裕さんです。

今作は吉浦さんが描く初の長編アニメーションとして話題になりました。キャラクター原案も「イブの時間」でキャラクターデザインを務めた茶山隆介さんが担当しています。

屋内での会話劇が特徴的だった前作から舞台を屋外へと移し、さらに大きな世界観で物語が展開していきます。

Huluで『サカサマのパテマ』を観る

Amazonプライムビデオで『サカサマのパテマ』を観る

「サカサマのパテマ」のあらすじ

ここからは、「サカサマのパテマ」のあらすじをご紹介します。

「手を離せば、彼女は空へと落ちてゆく」

サカサマのパテマ© Yasuhiro YOSHIURA/Sakasama Film Committee 2013

主人公・エイジが住む国アイガでは、「かつて多くの罪びとが空へと落ちていった」という言い伝えから、空は忌み嫌われるものとされている。

ある日の夜明け前、一人考え事をしていたエイジは、立ち入り禁止区域の崖に面したフェンスに「サカサマ」に必死でぶら下がる謎の少女・パテマと出会う。彼女を助けようと手を取ると二人は空へと浮かび上がっていく。

彼女には、重力が全く反対に向かって働いていたのだ。サカサマなパテマに驚きながらも匿うエイジ。しかしその存在はすぐさまアイガ国の君主イザムラに知られ、治安警察に追われることに。彼らの存亡と天地がサカサマな2つの世界に隠された真実とは?

サカサマな二人が出会うとき

エイジ(cv岡本信彦)…アイガ国に住む少年。技術者の父がいたが、空を目指し飛行船で飛び立とうとした際に起こった事故で亡くなった。

エイジ自身もよく空を見上げるなど、空へ強い憧れを抱いている。ある日、サカサマの少女・パテマと出会うことで世界が一変する。

パテマ(cv藤井ゆきよ)…地下世界の首長の娘。

好奇心旺盛で見たことがないものや冒険家ラゴスから教えてもらった未知の世界へ憧れを抱いている。行方不明になったラゴスを探しているうちに謎のコウモリ人間に襲われ落下した先でエイジと出会う。ちょっぴりわがままな一面もあるが、明るく前向きな性格でエイジをひっぱる。

 サカサマに重なり合う二つの世界

エイジの住むアイガ国は、道がベルトコンベア式になっていたり、個人の情報が電子番号で管理されていたりと、先進的な技術力が伺えます。その反面、無機質で管理統制された社会制度が垣間見え、自由の制限された国でディストピア的要素が盛り込まれています。

一方、パテマの住む地下世界は狭く閉鎖的な空間であり、民族衣装風の服装を身にまとっているなど、どこか原始的です。しかし、アイガとは異なり素朴ながら住民が皆笑顔で楽しそうに暮らしている様子が見て取れます。

対称的な二つの世界がエイジとパテマの重力の上下だけではない、環境や文化の違いから価値観の差までを表現しており、「他者への理解」を描く吉浦さんらしい舞台設定になっています

Huluで『サカサマのパテマ』を観る

Amazonプライムビデオで『サカサマのパテマ』を観る

「サカサマのパテマ」のここにも注目してほしい!

サカサマのパテマ© Yasuhiro YOSHIURA/Sakasama Film Committee 2013

 重力逆転の恐怖と浮遊感

生まれてからずっと地下世界で生活してきたパテマにとって、アイガの空は美しく尊いものであると同時に、どこまでも深く広がる恐怖の対象でもあります。

パテマの視点を通して崖の上から先の見えない下を見下ろした時のようなハッとする景色の美しさと、心臓がヒュッと小さくなるような恐ろしさを体感することが出来ます。

また、パテマと手を繋ぐことで軽くなったエイジが月面を歩く宇宙飛行士のようにふわふわと空中を飛び跳ねる爽快感など未知の感覚を味わえることもこの作品の魅力です。

特殊な言語で綴られる特別な主題歌

作中の世界観を表現する為、主題歌である「Patema Inverse」は歌詞がすべてエスペラント語で書かれ歌われています。

エスぺラント語とは人工的に作られた言語であり、世界中の人々の第二言語とすることを目的とされたものです。

異なる国、文化を持つ人々との交流のために使われることが多く、サカサマな二つの世界の交流・ふれあいを描いた今作のテーマにぴったりな曲になっています。

言語というこだわりに加え、美しいメロディに合わせ綴られる歌詞の内容も2つの世界やパテマとエイジ、作中に登場するとある二人について書かれているのではないか、考えられます。エンディングでは日本語訳も字幕で表示されますので是非注目して聞いてみて下さい。


「サカサマのパテマ」のまとめ

「天空の城ラピュタ」のように、アニメーション作品における「空から落ちてきた不思議な少女」という王道ヒロイン像を見事に逆転させ「空へと落ちていく不思議な少女」という形を生み出した「サカサマのパテマ」。

真逆な世界で出会った少年少女が出合うことで世界の秘密に近づいていく様子はワクワクとドキドキで引き込まれること間違いなしです。衝撃の結末も待ち受けているので最後までお見逃しなく!

Huluで『サカサマのパテマ』を観る

Amazonプライムビデオで『サカサマのパテマ』を観る

(ご紹介した作品は8月時点での配信状況です。視聴する時期によっては配信が終了している場合もありますのでご了承ください。)