気軽に映画を観るならAmazonビデオ

【新海誠】幼い頃の恋愛感情を思い出させてくれる『秒速5センチメートル』のあらすじ、見どころ

出会いと別れは人生においてつきものですが、特に学生生活においてはでは転校してしまったり、仲の良い友達や好きな人と学校が離れ離れになったりしてしまいますよね。そんな経験はありませんか。

秒速5センチメートルは新海誠監督の映画で、好な感情を抱いた2人が離ればなれなってしまうストーリーです。

秒速5センチメートル(C)Makoto Shinkai / CoMix Wave Films

映画の時間が短くナレーションが多いですが、大変面白い作品で描写のリアリティなども新海誠監督の作品らしく、素晴らしいものに仕上がっていました。

そこで今回は、新海誠監督の作品である「秒速5センチメートル」のあらすじや見どころを紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

Amazonプライム・ビデオで「秒速5センチメートル」をチェックする

Huluでで「秒速5センチメートル」をチェックする

注意
本記事はネタバレを含んでいる可能性があります

秒速5センチメートルの大まかなあらすじ

秒速5センチメートルは、映画「君の名は。」で一躍有名になった新海誠監督の作品で、2007年に公開されました。

映画としては63分とやや短いですが、その短い時間の中に3話のお話が詰め込まれて、どのお話も素晴らしい内容でした。 

秒速5センチメートルはアジアパシフィック映画祭「最優秀アニメ賞」や、イタリアフューチャーフィルム映画祭の「ランチア・プラチナグランプリ」なども受賞していて、世界的にも認められている映画です。

created by Rinker
KADOKAWA
¥572 (2019/11/20 13:22:04時点 Amazon調べ-詳細)

第1話 桜花抄(おうかしょう)

舞台は東京。小学校を卒業して半年が経った頃、主人公の遠野貴樹宛に1通の手紙が届きます。

「遠野貴樹(とうのたかき・以後貴樹と表記)様、大変ご無沙汰しております。」という内容の手紙の差出人は、小学校の頃のクラスメイトだった篠原明里(しのはらあかり・以後明里と表記)からでした。

2人はお互いに好意を抱いていましたが、小学校卒業と同時に父親の仕事の都合で明里は栃木に転向することに。

そのことを電話で聞かされた貴樹は「もういいよ」と、どうしようもない気持ちをぶつけてしまったことも。

ギクシャクしたまま離ればなれになりましたが、手紙が届いて以降、お互いに文通が始まりました。

しかし、貴樹も鹿児島に引っ越すことになり、遠く離れて会えなくなる前に明里に会おうと、栃木に行くことを決心します。 

そして、栃木に行く3月4日、関東は大雪に見舞われ交通機関は大混乱に。

当然電車のダイヤは乱れて、綿密に立てた電車の乗り換えの計画は徐々にずれていきます。

中学生でお互い携帯電話なども持っていないため、連絡も取れません。電車は大幅に遅延して、待ち合わせ時間の19時を大幅に過ぎた23時過ぎに目的地に到着します。 

もう、駅にはいないだろうと思っていた貴樹の目の前に飛び込んできたのは、ストーブにあたりながらベンチに座っていた明里でした。

なんと、駅舎の中で到着を待っていたのです。

たわいもない話やお弁当を食べたり、久しぶりにあったカップルというような雰囲気でした。

駅を出た後、2人は手紙に書かれていた大きな桜の木の前で話し込み、見つめあったのちキス。そのあとは、近くの納屋でお互い身を寄せ合い毛布にくるまって朝を迎えることに。

翌朝、雪もやみ晴ればれとした天気の中、明里は貴樹を駅に見送りにいきます。見送りの際に明里は渡したかった手紙は渡せず、貴樹は鹿児島に転校してしました。

Amazonプライム・ビデオで「秒速5センチメートル」をチェックする

Huluでで「秒速5センチメートル」をチェックする

第2話 コスモナウト

貴樹が転校してきた先は、鹿児島県の種子島。そんな貴樹に好意を抱いていたのが、同じ高校の澄田花苗(すみだかなえ・以後花苗と表記)です。中学生の時に転校してきた貴樹に恋をして、高校生になってもその気持ちは変わっていません。

花苗は趣味がサーフィンだったが、自分の進路などもありスランプに陥ってしまい、なかなか波に乗ることができませんでした。

しかしある夜、貴樹に「できることを何とかやってるだけ」と言われ吹っ切れた花苗は、サーフィンでビックウェーブに乗ることに成功。そして、自信がついた花苗は「告白する」と決心します。

しかし、いざ告白を切り出そうとしてもなかなか言えずに、自然と花苗の目から涙が。

どうして良いかわからない2人でしたが、遠くからロケットを打ち上げる音がします。

そして、ロケットに見入っている貴樹を見て花苗は確信するのです。貴樹が見ているのは自分ではなく遠くにある何かだと。 

created by Rinker
KADOKAWA
¥572 (2019/11/20 13:22:04時点 Amazon調べ-詳細)

第3話 秒速5センチメートル

東京に戻ってきた貴樹は、水野理紗(みずのりさ・以後理紗と表記)と3年間付き合います。

しかし、「1000回にも渡るメールにやり取りをしても、心は1センチほどしか近づけなかった」というメールを最後に、理紗と別れることに。

理紗と付き合っていた時も、明里のことが忘れられずこのような結果を招いてしまったのでしょう。

 そして、会社も辞めてしまった貴樹は桜の咲くある日、小学生の頃毎日通っていた場所へ。踏切に差し掛かると反対側から歩いて来る女性が。

踏切を渡る途中にすれ違う瞬間、妙な感じに襲われます。

きっと今振り返れば、あの人も振り返ると。しかし、振り返った瞬間に目の前に電車が通過し、電車が通過した後には彼女の姿はありませんでした。

Amazonプライム・ビデオで「秒速5センチメートル」をチェックする

Huluでで「秒速5センチメートル」をチェックする

  

秒速5センチメートルの見どころ

秒速5センチメートル(C)Makoto Shinkai / CoMix Wave Films

約1時間の映画に中には、作品の魅力がふんだんに詰め込まれていました。では、その見どころをいくつか紹介したいと思います。

新海誠作品の描写はただただ素晴らしい!

ストーリーも十分魅力的なのですが、新海誠監督作品といえば風景や建物などの描写が素晴らしいところです。

特に空の描写は素晴らしく、映画ではなくまるで本物の景色を見ているのではないかという錯覚に陥ります。

そのほかにも、草木の描写なども素晴らしく、アニメーション映画の中ではトップクラスではないでしょうか。

新海誠作品をAmazonでチェックする

共感できる部分が多い

恋愛経験がある人、今同じような年代で恋をしている学生さんなどは共感できる内容になっています。

特に第1話では中学生時代の恋愛感情が描かれていましたが、行動や言動などはリアリティがあり、過去の自分と重なる部分も多かったです。

たとえ、遠距離になっていなくても、「もし自分がこのような状況になったらきっと同じことをするだろうな」と、話に感情移入できるセリフ・表情などは臨場感があり素晴らしいです。

想像力を掻き立てるようなエンディング

 第3話では明里が東京へ向かう場面や、踏切で明里のような女性と振り返るシーンなどがありましたが、最終的にはハッピーエンドとはなりませんでした。

しかも、明里が電車で両親に見送られる際も「彼によろしくね」とだけで、その彼が貴樹はであるか不明です。

曖昧な感じで映画は終わってしまいましたが、それが逆に想像力を掻き立ててくれます。

「2人はちゃんと会えたのか?」「ほかの男性と付き合っているのではないか?」など、映画を見ればみるほど、さまざまなことを考えさせられます。これは、きっと新海マジックなのかもしれませんね。

Amazonプライム・ビデオで「秒速5センチメートル」をチェックする

Huluでで「秒速5センチメートル」をチェックする

秒速5センチメートルのまとめ

 いかがでしたでしょうか。

さまざまな恋愛感情を描写していた秒速5センチメートルは、とても切なく甘酸っぱい物語になっています。

しかし、見ればみるほど奥深いストーリーで、新海誠監督作品ならではの絵の描写は素晴らしいです。

学生さんはもちろん、大人にも共感できるところが多々あるので、ぜひ秒速5センチメートルを見てはいかがでしょうか。

Amazonプライム・ビデオで「秒速5センチメートル」をチェックする

Huluでで「秒速5センチメートル」をチェックする

(2019年7月現在の情報です。詳しい情報は公式サイトでご確認ください。)