同期のサクラ!見逃し配信はHulu

知ってた?2019年夏ドラマは3作は韓国ドラマのリメイクなんです!

これまでにも韓国ドラマがリメイクされることは度々ありましたが、今クールは3作がリメイクされるという豊作の年となっています。

リメイクされた3作品!
  • サイン―法医学者 柚木貴志の事件―
  • TWO WEEKS
  • ボイス~112の奇跡~

これら3作に共通するのは骨太のサスペンスドラマであるということで、”法医学”、”逃亡劇”、”警察通報センター”を舞台とした犯罪ドラマとなっています。

リメイク作品の増加は韓国でも同様で、何年も前から日本のドラマや映画のリメイク作品が作られて来ました。

日本においてもこれらの作品以外でも映画のリメイク作品もいくつか公開を控えていたりと、日韓作品のリメイク傾向は年々増えていっている印象です。

このように、私たちの周りにはリメイク作品が多くあるにも関わらず、リメイクだということを知らない方も多いようなんです!

そんな中で今回は、今季放送される韓国リメイクドラマのオリジナル作品についてご紹介していこうと思います。

サイン―法医学者 柚木貴志の事件―

サイン-法医学者 柚木貴志の事件- (C)SBS/脚本 キム・ウニ、チャン・ハンジュン (C)テレビ朝日

2019年7月~テレビ朝日系にて放送

キャスト/ 大森南朋、松雪泰子、飯豊まりえ、高杉真宙、 仲村トオルほか

原作キャスト/ パク・シニャン、キム・アジュン、チョン・グァンリョル、オム・ジウォン、チョン・ギョウンほか

原作は2011年韓国で放送された「サイン」

サイン-法医学者 柚木貴志の事件- (C)SBS/脚本 キム・ウニ、チャン・ハンジュン (C)テレビ朝日

内容と比較

日本でも昔からドラマの題材として人気な”法医学”に関する犯罪捜査ものです。

韓国では最高視聴率25.5%を記録したヒット作品で、韓国に実在する国立科学捜査研究院を舞台としています。

日本では同様の国家機関がないため、仮想の機関”日本法医学研究院”を舞台としています。

サイン-法医学者 柚木貴志の事件- (C)SBS/脚本 キム・ウニ、チャン・ハンジュン (C)テレビ朝日

日本で言えば「科捜研の女」のような内容ですが、日本では主流の1話完結のタイプではなく、続きが気になる展開と、韓国ならではのエグいシーンや権力者たちの裏側を描いていたりと、犯罪捜査と同時に因縁の対立関係なども描かれているのが特徴です。

日本版でも同様の展開が描かれることでしょうが、キャラクターも事件の描き方についてもオリジナルよりマイルドになることは確実なので、どこで日本らしさを見せるのか、どの韓国らしい表現を活かすのかがポイントとなります。

AbemaTVでサイン―法医学者 柚木貴志の事件―を観る

TWO WEEKS

TWO WEEKS(C)MBC/ソ・ヒョンギョン/カンテレ

2019年7月~フジテレビ系にて放送

キャスト/ 三浦春馬、芳根京子、比嘉愛未、三浦貴大、高嶋政伸、黒木瞳ほか

原作キャスト/ イ・ジュンギ、パク・ハソン、リュ・スヨン、キム・ソヨン、チョ・ミンギ、キム・ヘオクほか

原作は2013年韓国で放送された「TWO WEEKS」

TWO WEEKS(C)MBC/ソ・ヒョンギョン/カンテレ

内容と比較

殺人の濡れ衣を着せられた男の逃走劇と、その裏にある犯罪ドラマ、そして逃亡した男と事件を追う刑事や検事たちの追撃ドラマです。

派手なアクションやハラハラドキドキの展開が魅力のサスペンスドラマであると共に、感動的な親子愛も描かれています。

真犯人探し以外に本作で重要なのが、男の娘が白血病を患っているということです。

しかし、男が娘の存在を知らされたのは事件の少し前で、元恋人に検査を受けさせられた結果、娘に骨髄移植が出来ることが判明したのです。

突然の出来事の連続に驚く男でしたが、娘の存在を知り嬉しく思っていたところで事件が起きてしまいます。

二週間後に娘の骨髄移植手術が控えているのにも関わらず、身に覚えのない殺人の罪によって警察に捕まってしまった男。

しかし、偶然の事故によって逃亡した男は、追っ手から逃れつつ自分に濡れ衣を着せた犯人探しをすることになります。

そして、なんとしても手術の日までに娘の元にたどり着こうと奮闘するのです。

TWO WEEKS(C)MBC/ソ・ヒョンギョン/カンテレ

イ・ジュンギが演じたチンピラを三浦春馬が、元恋人を比嘉愛未、刑事を三浦貴大、検事を芳根京子が演じているのですが、この検事は熱血タイプで作中でも華麗なアクションを披露しているのですが、この役と芳根京子のイメージが合わないところがリメイク版のネックとなるかもしれません。

FODプレミアムでTWO WEEKSの最新話を観る

AmazonプライムビデオででTWO WEEKSをレンタルする

ボイス 110緊急指令室

ボイス~112の奇跡~ⓒ STUDIO DRAGON CORPORATION

2019年7月~日本テレビ系にて放送

キャスト/ 唐沢寿明、真木よう子、増田貴久、木村祐一、YOU、菊池桃子ほか

原作キャスト/ チャン・ヒョク、イ・ハナ、ペク・ソンヒョン、イェソン(SUPER JUNIOR)、ソン・ウンソ、キム・ジェウクほか

原作は2017年韓国で放送された「ボイス~112の奇跡~」

ボイス~112の奇跡~ⓒ STUDIO DRAGON CORPORATION

内容と比較

本作は、ケーブルテレビドラマでありながらも高い視聴率を記録し、現在シーズン3まで放送されている人気犯罪ドラマです。

シーズン2以降はチャン・ヒョクの代わりにイ・ジヌクが登場していますが、そちらも好評を得ているようです。

本作が他の刑事ドラマと違うのは、警察への通報電話をまとめて扱う「112通報センター」(日本だと110番のこと)を舞台としているということ。

ヒロインの特殊な聴覚能力を活かして、電話越しに事件の概要を把握したり解決に導いたりするのがポイントとなります。

ドラマの軸となるのは、主人公の妻を殺した謎の犯人を捕まえることですが、それと同時に様々な凶悪事件や陰謀に巻き込まれ、さらに権力者による事件の隠蔽や圧力なども描かれるなど、この点は韓国ドラマではお決まりの設定となります。

ボイス~112の奇跡~ⓒ STUDIO DRAGON CORPORATION

ケーブルテレビドラマだけあって、地上波の作品よりもシリアス度や凄惨な事件の表現力も増していて、サスペンスドラマでありながらホラー/スリラー作品としての一面もあるほどのエグい映像や恐ろしい犯人たちが登場しています。

オリジナルは”19歳以下観覧不適切(日本でいうところのR-18指定)”が付いた程強烈な作品なので、日本ではそれをどのように描くのかが気になるところ。

今回のクールが人気を博せば、オリジナルと同様に続編が作られる可能性も出てくるので、そちらにも注目したいですね。

Amazonプライムビデオでボイス 112の奇跡(字幕版)を観る

まとめ

2019年7月から始まった夏ドラマは、まだ始まったばかりなのでオリジナルと比較してみるのは難しいのですが、オリジナルファンの方は両作を見比べてみるのもいいでしょうし、日本版を見て面白いと思った方はオリジナルをチェックしてみるのもいいと思います。

個人的にはオリジナルに勝るものはないと思っていますが、普段韓国ドラマを見ていない人に面白さを伝える意味でも、他の日本のドラマのテイストとは違った作品に触れるという意味でも、これらの作品をリメイクすることに意味はあると思います。

ただ、日韓共に作品作りのネタに困っているのは明白で、特に日本においては”刑事(犯罪)ドラマ”や”医療ドラマ”ばかりの印象で、リメイク作品でもこれらのジャンルを選ぶというのはバリエーション的に見てもいかがなものでしょうか。

確かに、韓国ドラマならではのメロドラマ、恋愛ドラマ、時代劇などを日本でリメイクするのは困難でしょうが、そこは2クール分使ってでも忠実にリメイクするなり、良いとこ取りで短く編集するのではなくオリジナリティも加えてリメイクするなりして欲しいですかね。

とはいえ、これらを切っ掛けにその他の韓国ドラマにも興味を持っていただければ韓国ドラマファンの私としては幸いだと思います。

(ご紹介した作品は7月時点での配信状況です。視聴する時期によっては配信が終了している場合もありますのでご了承ください)