気軽に映画を観るならAmazonビデオ

日本を代表する女優たちの夢の競演!映画『最高の人生の見つけ方』

あのオスカー俳優ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンが初共演を果たしたハリウッド映画『最高の人生の見つけ方』がこの度、日本でリメイクされました。しかも女性版。

そんな日本版キャストは吉永小百合と天海祐希というこれまたビックコンビ!これ以上ない夢の競演に映画への期待も高まります。今回はそんな日本版『最高の人生の見つけ方』を紹介します! 

最高の人生の見つけ方(C)2019「最高の人生の見つけ方」製作委員会

日本版『最高の人生の見つけ方』のストーリー

大学を卒業してすぐに結婚し家族のために生きてきた専業主婦・幸枝(吉永小百合)と天海大手ホテルチェーンの女社長・マ子(天海祐希)。これまで出会うことのなかった二人が同じ病院で余命宣告を受けます。

最高の人生の見つけ方(C)2019「最高の人生の見つけ方」製作委員会

幸枝は安い大部屋、マ子は高級個室でしたが、ひょんなことから二人部屋で同室に。互いの共通点などないと思われた二人。唯一の共通点は、余命宣告を受けたことでした。

そんな中、同じ病院で偶然出会った12歳の少女。彼女もまた余命僅かな命。彼女の落していった「死ぬまでにやりたいことリスト」がきっかけで二人の運命が動き出します。

最高の人生の見つけ方(C)2019「最高の人生の見つけ方」製作委員会

一時退院した幸枝は、少女の残していったリストを実行しようと決めます。そこで、マ子にも誘いの電話をかけるのです。幸枝の弾んだ声に触発され、なんとマ子もその誘いに乗ることに。

 

今までの自分では出来なかったことを次々と成し遂げていく二人には、かけがえのない友情が芽生えていきます。そんな二人を最後に待ち受けていたものとは。 

最高の人生の見つけ方(C)2019「最高の人生の見つけ方」製作委員会

ハリウッドから日本へ

ハリウッド版『最高の人生の見つけ方』はワーナー・ブラザースが権利を持つオリジナルストーリー。日本でリメイクする際にワーナーからある条件が出されました。

最高の人生の見つけ方(C)2007 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

それは「日本のトップ俳優しかリメイクさせない」ということ。日本の名優とは果たして……。

しばらくして思いついたのが、女性二人の物語にしたらどうかというアイデアだったといいます。まずは、吉永小百合へアプローチすると、彼女の方から天海祐希の名が出てきたそうです。

 

二人は以前、映画『千年の恋 ひかる源氏物語』で共演しており、いつか「女詐欺師のロードムービー」がやりたいと話をした仲だとか。こうして大プロジェクトが始動したのでした。

「死ぬまでにやりたいことリスト」って?

本作で少女が残していった「死ぬまでにやりたいことリスト」。映画の中で幸枝とマ子が成し遂げていくその中身を一部、紹介します。

最高の人生の見つけ方(C)2019「最高の人生の見つけ方」製作委員会

スカイダイビングをする

*エジプトのスフィンクスの前で写真を撮る

*京都で日本一大きなパフェを食べる

*幸枝がウェディングドレスを着る

*ももクロのライブに行く 

さて、ここで「ももクロのライブに行く」の撮影時の話を。

最高の人生の見つけ方(C)2019「最高の人生の見つけ方」製作委員会

このシーンは、実際に行なわれた横浜アリーナのももクロライブ中に撮影されたものです。全て本番一発勝負。

ももクロメンバーはもちろんのこと、ファン1万2000人がこの企画に協力し前代未聞のロケ撮影となりました。

劇中での少女の想いもきちんとメンバーに届けることができ、最高のシーンとなっています。 

二人の名女優とそれを支えるキャストたち

出演者たちを紹介します。 

*北原幸枝/吉永小百合

家族のためにずっと専業主婦を続けてきた北原幸枝を演じるのは吉永小百合。

1945年生まれ。東京都出身。1962年の映画『キューポラのある街』で一躍人気を博します。以後、映画女優としてさまざまな作品に出演し、多くの賞に輝きました。

2014年には映画『ふしぎな岬の物語』にて初プロデューサーも務めました。 

*剛田マ子/天海祐希

大手ホテルチェーンの社長・剛田マ子を演じるのは天海祐希。

1967年生まれ。東京都出身。宝塚歌劇団第73期生で月組トップスター。1995年に退団し、以後、女優として活動しています。

主な出演作に、テレビドラマ『離婚弁護士』や『BOSS』など。新入社員から見た女性上司の理想像でも、各社の調査で1位を獲得しています。好感度の高さはお墨付きです。その堂々とした演技に内外でも多くの人気を博しています。

 

*高田学/ムロツヨシ

マ子の秘書を演じるのはムロツヨシ。

1976年生まれ。神奈川県出身。舞台を中心に活動していましたが、2005年の映画『サマータイムマシン・ブルース』から映画出演を開始。

2008年より2018年まで、脚本・演出・出演も兼ねた「muro式」を定期的に開催してきました。現在は、テレビドラマ、映画、CMと多岐に渡って活躍中。そのコミカルな芝居に多くの人たちが魅了されています。 

*神崎真梨恵/鈴木梨央

「やりたいことリスト」を残す少女・神崎真梨恵を演じるのは鈴木梨央。

2005年生まれ。埼玉県出身。NHKの大河ドラマ『八重の桜』で綾瀬はるか演じる山本八重の幼少期を演じ、話題となりました。以後、テレビドラマ『Woman』や連続テレビ小説『あさが来た』と次々に話題作へ出演。

2019年にはテレビアニメ『どろろ』で主人公どろろを演じ、活動の幅を広げています。 

スタッフプロフィール

豪華なスタッフを紹介します。 

*監督/犬童一心

1960年生まれ。東京都出身。高校生の頃から、映画製作を始めます。大学卒業後は、CMを中心に演出として活動。数々の受賞歴があります。

1997年に映画『二人が喋ってる。』で念願の監督デビュー。女性の心理描写を巧みに描くことに定評がある演出家です。主な監督作に、『ジョゼと虎と魚たち』、『のぼうの城』など。 

*主題歌「旅のつづき」/竹内まりあ

1955年生まれ。島根県出身。大学在学中からバンドのボーカルを務めます。1978年にデビュー。

以後、数々の名曲を世に送り出し、テレビドラマや映画の主題歌も多数担当しています。2019年には第69回芸術選奨文部科学大臣賞を受賞し、今なお精力的に活動を行っています。 

人生最後に選ぶ場所とは?

日本版『最高の人生の見つけ方』で最終的に向かう場所は、五島列島です。五島の島で育った主人公が両親に「ありがとう」を言うために帰るというもの。


人が自らの死を覚悟したときに向かう先は、やはり自分の原点である故郷なのでしょう。

そして命を授けてくれた両親への感謝を伝える。それこそが一番のやりたいことなのかもしれません。自分がもしその立場だったらと思わず考えさせられる人も多いのではないでしょうか。

(2019年11月現在の情報です。詳しい情報は公式サイトでご確認ください。)