韓国ドラマならU-NEXTがオススメ!

あの俳優も主演? 圧巻の映像に酔いしれよう 実写映画版「キングダム」~

中国の歴史物語は重厚で、根強いファンも多いものです。

例えば三国志などは、その代表格と言えるでしょう。

 

中国の歴史を題材にした漫画作品も多く出版されていますが、その中でも、今最も注目されている作品が「キングダム」です。

かなりの長編ながら、その人気は衰えることを知りません。

 

そんな人気作が、実写映画になりました。

物語を圧倒的なスケールで描き、原作ファンもそうでない人も、思わず惹きつけられる仕上がりとなっています。

 

今回は、そんな映画版「キングダム」についてご紹介していきます。

 

キングダム(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

TUTAYADISCASはこちらから

 

映画「キングダム」とは?

 

「キングダム」は古代中国・春秋戦国時代を舞台にした物語です。

未来の秦の始皇帝なども登場し、中国の歴史物語が好きな人であれば、聞いたことのある人も多いのではないでしょうか。

キングダム(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

TUTAYADISCASはこちらから

原作は原泰久が描いた同名漫画で、現在も連載が続いており、54巻まで発売されている長編作品です。

映画版「キングダム」では、5巻までの内容を映像化したものとなっています。

 

実在の人物も多数登場するため、歴史を勉強してから見ると、より楽しむことができるでしょう。

 

 「キングダム」のキャスト&スタッフ

主人公の信(シン)を演じる山崎賢人や、えい政(エイセイ)と漂(ヒョウ)の2役を演じる吉沢亮、その他長澤まさみや橋本環奈など、今をときめく若手俳優たちが出演しています。

TUTAYADISCASはこちらから

名だたる俳優陣の中でも注目したいのが、王騎を演じる大沢たかおです。

王騎の持つカリスマ性や不敵な笑みを、見事なまでに表現しています。

メガホンを取ったのは、映画「アイアムアヒーロー」の監督でもある佐藤信介。

脚本には、佐藤信介の他、「謎解きはディナーのあとで」の黒岩勉、さらに原作者の原泰久が参加しています。

TUTAYADISCASはこちらから

「キングダム」のあらすじ

時は春秋戦国時代。

信と漂は孤児ながら、いつか将軍の座に上り詰めることを目標に、日々訓練にいそしんでいました。

あるとき、漂が王宮に仕えることになり、信と漂は離れ離れになってしまいます。

 

しかし、漂が仕える王宮でクーデターが起こってしまいました。

戦乱の中で、瀕死の重傷を負う漂。

なんとか信の元に辿り着いたものの、地図を託した後、息を引き取ってしまいます。

悲しみ、慟哭する信。

訳も分からず走り出し、彼はえい政と出会いました。

えい政との出会い。

キングダム(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

TUTAYADISCASはこちらから

それが信の運命を大きく動かしていきます。

 

 

 

「キングダム」の魅力

 

漫画の実写化と聞くと、どんなイメージがあるでしょうか。

大ヒットした作品もありますが、原作のイメージに引っ張られるあまり「がっかりする」作品も中にはあるでしょう。

映画「キングダム」は、漫画が原作の映画とは、一言で言いきれないものがあります。

それは一体、どんなところにあるのでしょうか。

 

ここでは、そんな「キングダム」の魅力について触れていきたいと思います。

 

TUTAYADISCASはこちらから

キングダムのこだわりぬいたセットや小物

映画といえば、俳優陣に目が行きがちです。

しかし、物語への没入感を高めるためには、セットや小物も重要です。

キングダム(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

TUTAYADISCASはこちらから

映画「キングダム」では、セットや小物類にこだわりぬいています。

それは、衣装は勿論、ひげの形にまで至ります。

 

そうして一人一人のキャラクター達が作り上げられていくため、それぞれに「らしさ」という言葉では及ばない程のリアリティを感じることができます。

「登場人物」ではない、1人の人間として、目の前に迫ってくるのです。

また、そうしたリアリティの上に、俳優陣達の迫真の演技が加わります。

この2つか組み合わさり、最高のエンターテイメントに仕上がっています。

 

是非、何度か見返して欲しい作品です。

 

TUTAYADISCASはこちらから

迫力の戦闘シーン

果てしなく広い大地。

そして、その上を駆け回る馬や人。


(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

こんなシーンは、日本国内では撮影ができないでしょう。

 

まさに映画「キングダム」は、本場・中国でロケが行われました。

TUTAYADISCASはこちらから

その美しく、広大な大地。

背景の美しさを見るだけでも、充分に見る価値があると言えるでしょう。

さらに、アクション映画の要ともいえる戦闘シーン。

 

「キングダム」では、戦闘シーンが非常に迫力のあるものとなっています。

激しい殺陣が繰り広げられ、見ている側も、まるで戦いのさなかにいるような、そんな気分に陥ります。

 

映画館の大画面、美しい音声で見るべきシーンと言えるでしょう。

 

キングダム(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

TUTAYADISCASはこちらから

「キングダム」は原作ファンも満足できる映画

 

原作のあるものが映画化されたとき、原作ファンであれば否が応でも気になり、期待度は高まってしまうものです。

中には、「原作のイメージを壊したくない」といって、映画から遠のいてしまう場合もあるかもしれません。

もし、そういった理由で映画「キングダム」を見ていない場合、無理にでも一度見てみることをお勧めします。

 

主人公・信が持つ野性味。

そして、大人気キャラクターである王騎が持つ、カリスマ性。

 

なかなか表現のしにくい、キャラクターの根底を流れる性格が、上手く描き出されています。

TUTAYADISCASはこちらから

さらに、原作のキャラクターの近付けながらも、それだけではない肉付けもされています。

映画の登場人物として、より魅力的になっているのです。

 

ストーリーの点でも、原作ファンが満足できるものとなっています。

 

基本的には原作と同じストーリー展開で、セリフ回しも同じという箇所が、随所に見られます。

「あのシーンを実写で見てみたい」という夢を叶えることができるのです。


TUTAYADISCASはこちらから

勿論、原作を知らずとも問題ありません。

スペクタクル溢れる物語、圧巻の映像美などに圧倒され、必ず楽しめる映画となっています。

(2019年9月現在の情報です。詳しい情報は公式サイトでご確認ください。)