最新作を楽しむならU-NEXTがオススメ!

忘れたい過去を抱える人へ。静かな映画「マンチェスター・バイ・ザ・シー」

公開された年は、各映画賞を賑わせたケネス・ロナーガン監督の作品。イギリスのマンチェスターではなく、アメリカの小さな港町・マンチェスター・バイ・ザ・シーを舞台にした静かな映画です。

どちらかと言えば地味で淡々と進むストーリーは、リアリティがあって引き込まれます。お涙頂戴的な演出は無いけれど、心をそっとつかんでくる。さまざまな過去を抱えて今を生きている大人の方におすすめしたい作品。

マンチェスター・バイ・ザ・シー(C)2016 K Films Manchester LLC. All Rights Reserved.

Netflixで観る

映画「マンチェスター・バイ・ザ・シー」のあらすじ

マンチェスター・バイ・ザ・シー(C)2016 K Films Manchester LLC. All Rights Reserved.

孤独な男・リーに兄の死の知らせが入る

リー・チャンドラー(ケイシー・アフレック)はボストンで一人で暮らし、便利屋の仕事をしながら変わり映えのし無い日々を送っていた。ある日、故郷の町マンチェスター・バイ・ザ・シーの病院から、兄のジョーが危ないと知らせがはいる。リーは急ぎで車を走らせるが、時すでに遅くジョーは逝ってしまった。

ジョーの親友であるジョージ(C・J・ウィルソン)や弁護士から、ジョーの遺言を聞くリー。16歳の甥・パトリック(ルーカス・ヘッジズ)の後見人になって欲しいという内容だった。しかし、リーはこの町で起こった今でも向き合えない過去を抱えていた。

甥っ子の後見人候補として共同生活が始まる

リーの甥であるパトリックは、ハイスクールで部活や恋愛に忙しい人気者。母はアルコール中毒で離婚後別居しており、父のことを慕っていた。リーは後見人候補として、しばらくの間ジョーの家でパトリックと暮らすことにした。そんな折、ジョーの葬式が行われ、リーは元妻・ランディ(ミシェル・ウィリアムズ)と再会する。そのことがきっかけで、リーは抱えていた重い過去と向き合うことになる。

一方、パトリックはアルコール中毒で離婚した母に連絡を試みる。更生したかのような母に期待を持つパトリックだが、リーは疑ってやまない。パトリックはリーと生活するうちに心を許していき、叔父に後見人になって欲しいと考える。しかし、自分の過去を乗り越えられないリーは後見人どころでは無い漠然とした不安に襲われていた。

ネタバレあり感想!過去をもって今を生きること


リーが抱えていた重い過去は消えない

冒頭からバーで暴れたり、女性の誘惑を完全スルーしたりと普通ではない様子のリー。サイコパスなのか、何か闇を抱えているのか?という感が醸し出されます。しかしその闇が想像以上にむごいもので、スクリーン越しにも辛くなります。

実は、彼がランディと結婚していた頃、2人の娘と生まれたばかりの息子がいました。しかしある夜、酒を飲んだリーの火の不始末で家に火事が起きてしまい子供達を死なせてしまったのです。

自分のせいで子供を亡くしてしまった辛さで自殺しようとしたリーの気持ちや、感情任せにリーを罵倒してしまったランディの気持ち、いたたまれず過失じゃないと言葉をかける警官の気持ち。回想シーンは全てに共感できます。大切な家族を亡くし、自分は生き残ってしまったのが現実です。

この映画では、絶望するような過去を乗り越えることができるか?という大きなテーマを感じます。リーの場合、結果的には無理でした。ただし、今までは「故意じゃないとはいえ、子供を死なせた自分が生きていていいのか」という心情だったリーに進展は起きます。

「乗り越えられなくても、この町に居るのは辛くて無理でも、背負ったまま生きることを許される。生きなければならない。」少しだけ、いや、大きな前進をしたラストです。

「どんな過去も乗り越えて、立ち直って進んでいこう!」なんて綺麗事ハッピーエンドではない、人生は厳しいまま続くもの。そんな終幕が、「マンチェスター・バイ・ザ・シー」という静かな作品に余韻を持たせているのではないでしょうか。

パトリックの心の中は寂しさでいっぱい

マンチェスター・バイ・ザ・シー(C)2016 K Films Manchester LLC. All Rights Reserved.

パトリックは年齢的にも難しいお年頃で、ガールフレンドやら部活やらと青春に夢中。しかも、二股中…(笑)ジョーが死んでも、意外と変わることなく過ごしていて、リーよりもあっけらかんとして見えます。しかし実は、病院で冷凍された父の遺体を見たことをトラウマに感じて、冷凍チキンを見て怖じけずいたり、リーに後見人になってもらえなかったらどうしようという焦りでアル中の母に連絡を取ってみたり。

大好きで尊敬していた父を亡くした寂しさをとにかく何かで埋めるために、涙を流すより先に目の前のありきたりな青春に没頭。そんな風に見えます。ある意味現実逃避のリーと重なる部分も感じます。すごく現実的な感情。抱きしめてあげたくなるような少年心に心が痛みます。

結果として、リーと養子親子という関係ではなく、まるで対等な親友のような関係を築けたことが救い。養子関係になればよかったのかもしれませんが、私としては今の二人にはこれがベストだと感じました。心の支えを必要とする者同士が、弱い部分を見せて対等に接することができる相手がいるのですから。彼らがお互いにとって頼もしい存在になることで成長できるのでは。

マンチェスター・バイ・ザ・シー(C)2016 K Films Manchester LLC. All Rights Reserved.

パトリックを演じているルーカス・ヘッジズは、当時20歳手前。ティーンとは思えない演技力で、作中ではセリフを感じさせないリアルなティーンとして見事に作品に溶け込んでいます。ジュリア・ロバーツと親子役を演じた「ベン・イズ・バック」も、彼の演技力が存分に発揮されているようなのでチェックしてみてはいかがでしょうか。

製作陣には俳優のマット・デイモン

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」はケネス・ロナーガン監督と俳優のマット・デイモンがコンビを組んで企画した作品です。当初は主演もマット・デイモンの予定だったという説もあります。しかし、結局マット・デイモンはプロデューサーを担当し、友人であるケイシー・アフレックが主演を演じることになりました。

ケイシー・アフレックならではの名演

マンチェスター・バイ・ザ・シー(C)2016 K Films Manchester LLC. All Rights Reserved.

マット・デイモンも良いのですが、この映画を見終わったあとでは、リー役はケイシー・アフレックじゃないとダメだと思えます。ビールを飲んでボーッとする表情や、上手く続かない会話…心ここに在らずと言わんばかりの虚無感を出すのが絶妙に上手いと感じました。

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」は公開年度の各映画賞でも注目を浴び、アカデミー賞と英国アカデミー賞では、俳優のケイシー・アフレックが主演男優賞を、監督のケネス・ロナーガンが脚本賞を受賞しています。

映画「マンチェスター・バイ・ザ・シー」が見られる配信サイト

派手な雰囲気の映画ではありませんが、じんわりと心に染みる良映画です。Netflixなどで配信されているので、ひとりでじっくり鑑賞する1本としておすすめです。