気軽に映画を観るならAmazonビデオ

「ナイトミュージアム エジプト王の秘密」大人も子供も楽しめる映画!

可愛い猿のデクスターや、頼りになるルーズベルト大統領、マスコット的なジェデダイアとオクタヴィウス。

ナイトミュージアム1・2を見た人は、これらの名前に聞き覚えがあるのではないでしょうか。

今回は、ナイトミュージアムシリーズ3作目となる「ナイトミュージアム エジプト王の秘密」のあらすじやみどころをご紹介します。

 

相変わらず愉快な仲間たちに囲まれて働くラリー。

今回はどんな大騒動に巻き込まれるのでしょうか。

 

ナイトミュージアムエジプト王の秘密(C)2014 Twentieth Century Fox Film Corporation

 

ナイトミュージアムエジプト王の秘密をみる

「ナイトミュージアム エジプト王の秘密」の作品情報

 

「ナイトミュージアム エジプト王の秘密」は、2015年に公開されたナイトミュージアムシリーズの第3作です。

また、完結編として制作されました。

ナイトミュージアムエジプト王の秘密(C)2014 Twentieth Century Fox Film Corporation

監督はショーン・レヴィ、主演はベン・スティラーが務めており、前2作と変わりません。

相変わらずスピード感のあるコメディと、夢溢れるファンタジーを楽しむことができます。

 

お馴染みキャラクター、ルーズベルト大統領を演じるロビン・ウィリアムズの遺作でもあり、彼のファンにとっては必見です。

 

ナイトミュージアムエジプト王の秘密をみる

 「ナイトミュージアム エジプト王の秘密」の舞台は?

前作まではアメリカが舞台でしたが、今作はイギリスのロンドンにある大英博物館が舞台となっています。

非常にスケールの大きい博物館で、展示品の数も膨大です。

「大英帝国博物館展」などを訪れたことのある方も多いのではないでしょうか。

 

今作では、その広い博物館内を駆け回ります。

有名な展示品も登場していますので、知っているものを探してみるのはいかがでしょうか。

 

ナイトミュージアムエジプト王の秘密をみる

「ナイトミュージアム エジプト王の秘密」のあらすじ、みどころ新キャラも!?

あらすじとみどころを一挙公開!

「ナイトミュージアム エジプト王の秘密」のあらすじ

 

ラリーは前作と変わらず、アメリカ自然史博物館の夜警として働いていました。

ナイトミュージアムエジプト王の秘密(C)2014 Twentieth Century Fox Film Corporation

アメリカ自然史博物館はリニューアルしており、新作の展示物として、プラネタリウムが加わることとなっていました。

その、お披露目パーティーの責任者となるのはラリーです。

展示物たちと共に、パーティーを盛り上げるべく様々な指示を飛ばしていました。

パーティーの最中、展示物たちに異変が起こります。

展示物たちは暴れまわり、パーティーをめちゃくちゃにしてしまったのです。

そして、展示物たちは「自分でも何が起こったのか分からない」と言います。

展示物たちに異変が起きた原因は、魔法の力を持つ石板にありました。

石板が変色し、魔法の力を失いつつあったのです。

ナイトミュージアムエジプト王の秘密(C)2014 Twentieth Century Fox Film Corporation

石板に詳しいのは、アクメンラーの両親です。

そしてその両親は、イギリスの大英博物館に収蔵されていました。

 

ラリーはアクメンラー達を連れ、大英博物館を訪れることを決意します。

 

ナイトミュージアムエジプト王の秘密をみる

 新キャラ・ランスロット

「ナイトミュージアム エジプト王の秘密」では、注目すべきキャラクターとして、ランスロットが登場します。

ランスロットと言えば、アーサー王伝説に登場する有名な騎士です。

彼はグィネヴィア(アーサー王の妃)に恋焦がれていました。

 

そのため、作中でもグィネヴィアを追い求め、キャメロット(アーサー王が治める国の都)に行こうとします。

 

「ナイトミュージアム エジプト王の秘密」では、ランスロットのイメージ通り、ハンサムで冷静でありながら、コミカルなキャラクターとして描かれています。

 

そんなランスロットを演じた俳優は、ダン・スティーヴンス。

ディズニー実写映画の「美女と野獣」の野獣役で有名です。

王子様的でありながら、腕っぷしも強いランスロットを上手く演じています。

 

作中では、アーサー王伝説についてあまり触れられていません。

興味があれば、アーサー王伝説に触れておくことで、より楽しむことができるでしょう。

 

 

「ナイトミュージアム エジプト王の秘密」のみどころ

 

シリーズ化された映画と言えば、作を重ねるごとにトーンダウンしてしまうことが往々にしてあります。

 

しかし、ナイトミュージアムシリーズはそのトーンダウンをあまり感じません。

マンネリ化せず、楽しむことができます。

 

「ナイトミュージアム エジプト王の秘密」のみどころを2つご紹介します。

鑑賞する際には、是非注目してみて下さい。

 

ナイトミュージアムエジプト王の秘密をみる

 

だまし絵の世界に入る

どこまで行っても終わりのない世界。

これを視覚化したのが、いわゆる「だまし絵」です。

見ているだけで訳が分からないながらも、目が話せなくなる。

そんな、不思議な魅力があります。

ナイトミュージアムエジプト王の秘密(C)2014 Twentieth Century Fox Film Corporation

 

ナイトミュージアムエジプト王の秘密をみる

美術作品に興味があれば、一度は絵の世界に入り込んでみたいと思ったこともあるのではないでしょうか。

 

「ナイトミュージアム エジプト王の秘密」では、こんなだまし絵の世界にラリーたちが入り込みます。

入り込んだ作品は、マウリッツ・エッシャーの「相対性」という作品です。

 

絵の中に入り込んで、追って追われるラリー。

その不思議な体験を、存分に味わうことができます。

 

ラリーはだまし絵の特性を使って問題を解決するのですが、この解決の仕方が痛快でもあります。

 

ラリーと展示物たちの別れ

友情を築き上げ、お互いに愛情を抱くラリーと展示物たちですが、別れのときがやってきます。

 

今までの思い出を胸に、展示物たちと別れの挨拶をするラリー。

皆寂しげですが、自分達が永遠に眠ることに対する悲壮の気持ちは見られません。

彼らの中で、一番落ち込んでいるのはラリーでした。

 

別れのシーンは、一人一人丁寧に撮られています。

それぞれのキャラクターが浮き立ち、見ている側にも、それがどんなキャラクターであったのかを再認識させてくれます。

ナイトミュージアムエジプト王の秘密
(C)2014 Twentieth Century Fox Film Corporation

 

ナイトミュージアムエジプト王の秘密をみる

ナイトミュージアムシリーズをそれぞれを見続けてきたファンにとっては、

しんみりしつつも暖かいような、懐かしいような気持ちにさせてくれるシーンです。

 

 ラリーの成長に感動

 

主人公ラリーは第一作当初、いわゆるダメ人間でした。

それがどんどん、人間的に成長していく姿。

それが、ナイトミュージアムシリーズの本質です。

 

第三作の「ナイトミュージアム エジプト王の秘密」は、ラリーが成長した姿、その集大成でもあります。

 

ラリーは、決して「出来る人間」ではありません。

ひょうきんで、あらゆることを茶化してしまう人間です。

その反面、息子や展示物に愛情を抱き、彼らのためなら苦労を惜しみません。

 


ナイトミュージアムエジプト王の秘密をみる

ときには強敵に抗い、策を講じ、善良な「人」を傷つけないように振舞います。

そんなラリーの姿が、ファンタジーでありながら私たちを感動させてくれます。

 

一作目から見ていれば、その感動はなお増します。

 

人は、完璧な人間よりも、少しダメな人間に親近感を抱きやすいものです。

ラリーの「ダメ」な部分が、私たちの感情移入を促しています。

 

前作までは、子供と一緒に童心に帰って見てもらいたい作品でした。

しかし今作は、是非とも大人の、「父親」という役割に立つ人に見てもらいたいと思います。

 

ラリーの成長に感動しつつ、自身のあり方を見直す機会になることでしょう。

(2019年9月現在の情報です。詳しい情報は公式サイトでご確認ください。)