気軽に映画を観るならAmazonビデオ

新作映画、ドラマ出演者も? 2019年に注目されてきた若手の男優たち 

2019年に、テレビドラマや映画で注目されてきた若手の俳優陣。続々と登場する中、特に注目していきたいイチオシの若手俳優を紹介していきます。今回は【男優編】です。

 2019年注目若手男優一覧!!

アカデミー賞新人賞受賞の実力派!中川大志

1998年生まれ。東京都出身。

2009年から子役として芸能界デビュー。

連続テレビ小説や大河ドラマなど話題の作品に次々と出演していきます。

2011年に放送されたテレビドラマ『家政婦のミタ』で子役ながら重要な役どころを演じ注目を集めることに。

坂道のアポロン(C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C)2008 小玉ユキ/小学館

2018年には映画『坂道のアポロン』と映画『覚悟はいいかそこの女子。』でアカデミー賞新人賞を受賞。2019年、連続テレビ小説『なつぞら』で広瀬すずの相手役を務め、人気実力ともに確実なものとなりました。

CMも含め、幅広いキャラクターを演じる中川大志。2019年10月からはTBSドラマ『G線上のあなたと私』でまた一歩大人の役へ挑戦します。息の長い俳優になりそうですね。

 

大型二世俳優現る!宮沢氷魚

1994年生まれ。アメリカ・カリフォルニア州出身。

父はTHE BOOMのボーカル・宮沢和史、母はパーソナリティでタレントの光岡ディオンというまさにサラブレッド。

2019年現在も「MEN’S NON-NO」にて専属モデルも務めています。2017年にテレビドラマ『コウノトリ』で俳優デビュー。

デビューにしていきなりのレギュラー出演を果たしました。その後も着々とキャリアを積み、2019年にはテレビドラマ『偽装不倫』にて主演の杏の相手役を務め、一躍話題に。

2020年には、2019年にテレビドラマ化された『His〜恋するつもりなんてなかった〜』の映画版『his』で主演を務めます。透明感のある目の色が特徴的なそのルックスで、ますますファンが増えそうな予感。今後も楽しみな俳優ですね。

 

 

端正な顔立ちに天然キャラのギャップがたまらない!杉野遥亮

1995年生まれ。千葉県出身。

2015年、男子大学生向けファッション誌「FINEBOYS」専属モデルオーディションでグランプリを獲得し、芸能界入りしました。

翌年、テレビドラマ『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』にて、俳優デビュー。テレビドラマや映画で徐々にその頭角を現し、2019年に出演した初主演ドラマ『スカム』が、ギャラクシー賞のテレビ部門8月度月間賞を受賞。ドラマの評価とともに杉野の好演も話題となりました。

羊とオオカミの恋と殺人(C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社

2019年11月にも主演映画『羊とオオカミの恋と殺人』の公開が控えています。さらに、2020年、NHKBSプレミアム『山本周五郎ドラマ さぶ』では森永悠希とダブル主演を務めることになりました。

その端正な顔立ちとは真逆のバラエティ番組などでみせる天然キャラとのギャップも魅力的な杉野。これからますます活躍が期待されるます。

 

ダンスボーカルユニットM!LKとしても活動!俳優業もこなす佐野勇斗

1998年生まれ。愛知県出身。

2012年、ジュノン・スーパーボーイ・コンテストに応募し受賞は逃すものの、現在の事務所にスカウトされ芸能界デビューすることに。

同事務所の若手俳優によるアーティスト集団「EBiDAN」に所属。2015年にはそこから派生したM!LKとしてCDデビューを果たします。

同年、映画『くちびるに歌を』で俳優デビューするとたちまち話題に。2018年に公開された映画『ちはやふる-結び-』での好演が認められ、日本映画批評家大賞の新人賞を受賞しました。

青夏(C)2018 映画「青夏」製作委員会

その後も、映画『青夏 きみに恋した30日』、映画『凜-りん-』、映画『小さな恋のうた』と立て続けに主演作が続き、2019年秋には、舞台『里見八犬伝』の主演も決まっています。マルチな才能を生かして、活躍の場を広げていきそうですね。

 

 

高学歴俳優!大学院進学を蹴って役者の道へ!清原翔

1993年生まれ。神奈川県出身。

大学4年生の時に「MEN’S NON-NO」のモデルオーディションを受け、専属モデルとなります。

その当時は事務所に所属することなく活動していましたが、演技をすることに興味を持ち、現在の事務所に所属。2016年にはテレビドラマ「HiGH&LOW」シリーズで役者デビューを果たします。

その後、テレビドラマや映画で少しずつ出演を増やし、2019年には『虫籠の錠前』で初主演。その後、連続テレビ小説『なつぞら』での好演で注目を集めました。

サヨナラまでの30分

(C)2020「サヨナラまでの30分」製作委員会

2019年10月からはテレビドラマ『死役所』、2020年には映画『サヨナラまでの30分』の出演が決まっています。

もともと感情表現が苦手だという清原翔。だからこそ、自然な演技なのかもしれませんね。ネクストブレイクが楽しみな俳優です。

 

話題作への出演が目白押し!神尾楓珠

1990年生まれ。東京都出身。

役者を目指し自ら事務所のオーディションを受け合格し、2015年にドラマデビューすることに。2017年にテレビドラマ『監獄のお姫さま』で小泉今日子の息子役を演じるなど注目を集めます。

2018年にもテレビドラマ『アンナチュラル』やテレビドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』やテレビドラマ『恋のツキ』など話題作に出演が続き、難しい作にもチャレンジするなど着々とその実力をつけています。2019年に出演したテレビドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』でも印象に残る役どころでした。

今後は、映画『HiGH&LOW THE WORST』の出演、テレビドラマ『左ききのエレン』での初主演が控えています。作品に恵まれている神尾ですが、本人の実力の賜物でしょう。これからの活躍にますます期待したいですね。

あの広瀬すずが見出した期待の新星!鈴鹿央士

2001年生まれ。岡山県出身。

2016年、映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』の撮影を岡山県で行っていた際、当時、エキストラで参加していた鈴鹿を主演の広瀬すずが見出したことがきっかけで彼女と同じ事務所に所属することに。

2018年には、MEN’S NON-NOの専属モデルオーディションにてグランプリを獲得し、現在もモデルとして活動しています。

2019年、初出演となる映画『蜜蜂と遠雷』では主要キャストのオーディションに見事合格。

同作品の石川慶監督のお墨付きだとか。同年、広瀬すず主演の連続テレビ小説『なつぞら』にも出演。

決算!忠臣蔵(C)2019「決算!忠臣蔵」製作委員会

映画『決算!忠臣蔵』にもベテラン陣に交じって奮闘しています。今後、最も期待できる新人俳優と言っても過言ではないしょう。

 

オンリーワンの若手俳優!森永悠希

1996年生まれ。大阪府出身。

元子役で、2007年の映画『しゃべれども しゃべれども』では主要キャストで出演。若手とは思えぬ立派な実績を誇っています。

その後、現事務所へ所属し、映画やテレビドラマを中心に数々の作品に出演。安定した演技力とほかにないキャラクターで、どの作品もなくてはならない存在です。

カノジョは嘘を愛しすぎてるカノジョは嘘を愛しすぎてる

映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』や映画『小さな恋のうた』では劇中でバンドを組む設定の中、どちらもドラムを担当。前者ではCDデビューも果たしています。

2020年には、NHKBSプレミアム『山本周五郎ドラマ さぶ』で杉野遥亮とダブル主演が決定しました。ぜひぜひその実力に注目してほしい若手俳優です。

 

 

これからの活躍が楽しみ過ぎる若手俳優多数!

紹介しきれていない若手俳優の中にも、今後、注目していきたい俳優が数多くいます。その中でも、今回は特に活躍が期待される俳優陣を紹介してみました。

願わくは、若い時だけの人気ではなく、息長く日本の映像業界を支えていけるような役者になってほしいところです。今後の彼らの活躍を期待しつつ見守っていきたいですね。

(2019年10月現在の情報です。詳しい情報は公式サイトでご確認ください。)