半沢直樹を無料視聴する方法はコチラ

【映画の裏側・裏話】「マスカレード・ホテル」親がいるデートのような撮影現場?

今回は、あの大人気映画「マスカレード・ホテル」の制作やキャスト陣の裏話をお伝えしていきます。

本作の撮影現場は、まるで親に見られているデートのような撮影現場だったという興味深い裏話もありました。

この記事を見ることで映画「マスカレード・ホテル」を100倍楽しめると思うので、ぜひお楽しみください!

マスカレード・ホテル(C)2019 映画「マスカレード・ホテル」製作委員会 (C)東野圭吾/集英社

Amazon Primeでマスカレード・ホテルをみる

映画「マスカレード・ホテル」の制作やキャスト陣の裏側・裏話BEST6!

それではさっそく、映画「マスカレード・ホテル」の制作やキャスト陣の裏側・裏話をお伝えしていきます。

1.オープニング映像の撮影で起きた苦労

エリートホテルマン・山岸尚美(長澤まさみ)と捜査一課のエリート刑事・新田浩介(木村拓哉)の二人が、主人公的な存在として登場する本作「マスカレード・ホテル」。

 

その相反する関係性の二人がホテル内で目も合わせず、背中合わせで通り過ぎていくという映像が本作のオープニングとして使用されています。

実はこの映像を撮影するとき、監督から「目を合わせずに、同じタイミングでフレームアウトしてほしい」という無茶ぶりがあったのだそうです。

そんな無茶ぶりを受けた長澤まさみさんは困惑し、木村拓哉さんに至っては恨み節だったと言います。

 

「さぁ困ったぞ」と言わんばかりの木村さんと長澤さんは、二人で急遽作戦会議を行いました。

そして二人だけが分かる合図を決めて撮影を行い、無事に監督から求めていたオープニング映像を完成することが出来たのです。

Amazon Primeでマスカレード・ホテルをみる

2.ホテル内にあった理髪店の店主役

「マスカレード・ホテル」に登場するエリート刑事・新田は、ホテルマンとして理想の髪型に散髪されるシーンがありました。

ホテル内にある理髪店で髪型を整えるという設定になっていましたが、実はその理髪店にいた店主は照明担当スタッフだったのだそうです

 

さらに、照明の彼をキャスティングしたのは木村さんだったということも明かされていました

当初は無理だと言い張っていた照明さんでしたが、いざ演技をしてみると上手くできています。

彼の演技を見た木村さんは「美術さんと迷ったけど、彼で間違いなかった」と微笑みながら語っていました。

 

3.本編で出てくる高級ホテル

本作「マスカレード・ホテル」に出てくる高級ホテルは、実際のホテルとセットを巧みにっ組み合わせた映像であったと言います。

外観は実際のホテルの映像にCGを付け足し、そしてロビーは全てセットで撮影した映像。

鈴木監督は、「動線を考えながら、バックヤードも巧妙に作り上げた」と撮影の苦労を明かしました。

セットで作られていたロビーはとても居心地が良かったそうで、木村さんは掃除機をかけたりしながらずっとセットにいたという裏話を語っていました。

実際の映像を見てからセットで作っていたと言われると、映画のセットがいかに巧妙かというのが目に見えて分かりますね!

4.デート中に親が見に来ているような撮影現場

映画「マスカレード・ホテル」の撮影現場には、原作者である・東野圭吾さんが来ていたと言います。

実はその時が東野圭吾さんとの初対面だったという木村拓哉さんは、当時の状況について「デート中に親が見に来ている感じ」と表現しました。

やはり、実際に物語を作り上げた人が映画撮影を見に来るというのは、役者としてかなり緊張するものなのでしょう。

 

木村さんは東野圭吾さんへの印象について、対面する前までは堅物という印象だったと語りました。

しかし、いざ会ってみるととても温かいお人柄の方だったようで、東野圭吾さんに対するイメージが変わって安心したそうです。

映画の撮影が終了した際には、原作者である東野圭吾さんにも映画の出来を確認していただいたと言います。

そのときに、東野圭吾さんの口から「新田を書くときに木村さんを思い描いて書いた」という驚きのカミングアウトがありました!

木村さんは東野圭吾さんと映画の試写を行ったそうで、鑑賞後に東野さんから「新田がいました」と言っていただけて安心したと言います。

5.超豪華キャスト陣の様々な関係性

超豪華キャストが総出演している「マスカレード・ホテル」ですが、そんな豪華共演者についての裏話もたくさんありました。

長澤まさみさんが撮影中に最も緊張したときというのは、石橋凌さんと鶴見辰吾さんに挟まれているときだったと言います。

 

それを聞いた小日向文世さんは、「僕が一番年上なのに、緊張しないのか…。」と嘆いていたそうです。(笑)

長澤まさみさんと小日向文世さんは映画『コンフィデンスマンJP』や同ドラマで共演しているので、緊張はもうほどけたのでしょう。

さらに『HERO』シリーズで長年共演し続けてきた木村さんは、「小日向さんは柔軟剤」と緊張するかけらもないような感じでした。(笑)

Amazon Primeでマスカレード・ホテルをみる

『HERO』シリーズといえば、木村さんの相方を務めた松たか子さんも映画「マスカレード・ホテル」でお客さん役として出演しています。

松たか子さんには深い思いがあるようで、今までは一緒にホスト側としていたのに、ゲストとして迎えるのは新鮮だったと語りました。

 

6.明石家さんまさんが友情出演

映画「マスカレード・ホテル」は木村さんが主演となっており、そのことは木村さんの親友である明石家さんまさんの耳にも届いていました。

そして気づいている人が多いと思いますが、実は明石家さんまさんは映画「マスカレード・ホテル」に友情出演しているのです。

 

気になるさんまさんの出演シーンは事件が解決したあと、新田が一人でホテルに訪れたときのシーンです。

その時に受付のホテルマンから「大竹様」と言われて何かを受け取っている人がいるのですが、それがさんまさんなのだそうです。

映画のかなり終盤に出演しているので、見終わった後に探してみるのもいいかもしれませんね!

【映画の裏側・裏話】「マスカレード・ホテル」まとめ

ということで今回は、映画「マスカレード・ホテル」の制作やキャスト陣の裏側・裏話をお伝えしてきました。

主演の木村拓哉さんに関する裏話はもちろんのこと、原作者である東野圭吾さんに関する裏話もあったというのはちょっと意外でしたね。

裏話を知ってからもう一度見ると、以前見たときよりも100倍以上楽しく見られるのではないでしょうか?

Amazon Primeでマスカレード・ホテルをみる

最後までご覧いただきありがとうございました!

(2020年1月現在の情報です。詳しい情報は公式サイトでご確認ください。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。