韓国ドラマをU-NEXTでチェック!

映画「バクマン。」~漫画が好きなあなたへ。斬新な映像世界?プロジェクトマッピング

子供の頃に、大きな影響を受けた漫画はありますか?

 

寝食を忘れて、読みふけってしまった記憶。

友達と、好きな漫画について語り合った記憶。

これらはとても、素晴らしく楽しい思い出です。

 

中には、漫画家を志した経験のある人もいるかもしれません。

漫画家への道は険しく、道半ばで心折れてしまった人もいるでしょう。

それでも、漫画が好きなことは変わっていないことと思います。

 

映画
「バクマン。」
は、漫画を愛する人に見て欲しい映画です。

また、熱い青春映画でもあります。

 

この記事では、映画「バクマン。」のあらすじや、面白さなどについて説明していきます。

 

バクマン。(C)2015映画「バクマン。」製作委員会

 

映画「バクマン。」の作品概要

 

「バクマン。」は、2015年に公開された日本映画です。

メガホンを取ったのは、「モテキ」などで知られる大根仁。

主演は佐藤健と神木隆之介が務めています。

宮藤官九郎や山田孝之、リリー・フランキーなどの個性派俳優が脇を固め、シーンに締まりを持たせています。

 

音楽はサカナクションが担当し、主題歌の「新宝島」は好評を博したほか、日本アカデミー大賞で、最優秀音楽賞も受賞しました。

 

 映画「バクマン。」の原作は?

原作は漫画で、週刊少年ジャンプで連載していた同名の作品です。

原作を大場つぐみ、作画を小畑健が担当しました。

名作漫画「DEATH NOTE」も、この2人から生み出されたものです。

原作漫画そのものは20巻まである、それなりの長編漫画になります。

 

映画化にあたって、ストーリーの絞り込みや、キャラクター数を減らすなどの工夫が行われています。

 

 

 

映画「バクマン。」のあらすじ

真城最高は、毎日の高校生活を何となく過ごしていました。

部活もせず、将来の夢も特に無く、志望校も決まらない日々。

そんな生活の中唯一夢中になれるのは、幼馴染で片思いの相手である亜豆美保の絵を描くことでした。

バクマン。(C)2015映画「バクマン。」製作委員会

ある日、亜豆の絵をクラスメイトの高木秋人に見られてしまいました。

真城は高い画力を持っており、高木は彼にある話を持ち掛けました。

 

「自分と組んで、漫画家にならないか?」と。

バクマン。(C)2015映画「バクマン。」製作委員会

高木は漫画家に強い憧れを抱いていましたが、絵を描くことが苦手だったのです。

その代わり、文章の才能や発想には優れていたのでした。

バクマン。(C)2015映画「バクマン。」製作委員会

当初は乗り気ではなかった真城も、次第に高木の話に惹かれていきます。

高木はストーリーを考え、真城が描く。

2人は画材の使い方などを勉強しながら、始めての漫画を書き上げていきました。

バクマン。(C)2015映画「バクマン。」製作委員会

真城と高木は、書き上げた漫画をジャンプ編集部へ持ち込みました。

そこで出会ったのは、編集者である服部哲でした。

 

初めての持ち込みであるにも関わらず、なんと服部は2人の漫画に興味を示してくれたのです。

 

バクマン。(C)2015映画「バクマン。」製作委員会

 

映画「バクマン。」のおもしろさ

 

「バクマン。」は、漫画家を目指すことが物語の軸になっています。

バクマン。(C)2015映画「バクマン。」製作委員会

ストーリーを考える。

絵を描く。

映画を観ずに想像すると、地味な、ストーリーが淡々と続くように思えてしまうかもしれません。

 

しかし、映画「バクマン。」は決してそうはなりません。

中だるみせず、最後までストーリーの中に没頭することができます。

 

ここでは、そんな「バクマン。」の面白さをご紹介します。

 

斬新な映像世界

美しく、新しい手法で撮られた映像は、それだけで話題性を持ちます。

もし、そんな映像がストーリーの中でいきいきと使われ、意味を持っていたとしたらどうでしょう。

楽しいことこの上ありません。

バクマン。(C)2015映画「バクマン。」製作委員会

映画「バクマン。」は、プロジェクションマッピングを使った映像が評判を呼びました。

その評判に違わず、見ていると鳥肌が立つような、新しい映像世界が生まれています。

 

眼鏡に想像した漫画のコマが写りこむ感覚。

漫画を描いている映像をただ移すのではなく、アクションを取り入れながら漫画のコマの中に入り込み、漫画を作り上げていく感覚。

漫画を描いている間、登場人物の後方に移りこむ漫画のシーンそれぞれ。

バクマン。(C)2015映画「バクマン。」製作委員会

「思いついた!」、「漫画を描いているときの心理状況」、「漫画を描くことに夢中」。

これらは、単純な映像化ではつまらなく感じてしまうでしょう。

しかし、表現方法を凝ることで。一風変わった躍動感あふれる映像世界を生み出しています。

 

できることなら、映画館のような大画面で、もっと言うならばVRのような仮想現実で、この映像を見てみたいとすら思います。

 

少し異端な青春物語

青春物語といえば、努力・友情・勝利が重要です。

また、作中の主要なキーワードである少年ジャンプでも、この3つは重要なものとされています。

バクマン。(C)2015映画「バクマン。」製作委員会

通常このキーワード類は、スポーツものやバトルものに似合うと思われがちかもしれません。

「バクマン。」はスポーツや、肉体的なバトルとは無縁です。

それでも、この3つのキーワードがしっくりくる作品となっています。

バクマン。(C)2015映画「バクマン。」製作委員会

努力して漫画を描き、仲間に恵まれ、みんなで勝利を勝ち取ります。

特に仲間たち、友情の描かれ方には、胸を熱くする王道があります。

以前は反目し合っていた仲でも、強い友情で結ばれ、主人公の夢を助けるのです。

勿論、強力で冷徹なライバルも存在しています。

 

このライバルに才能では勝てないと知りながら、勝利に向かって努力し続ける主人公達。

幼い頃に夢中で読み漁った、ヒーローの物語です。

バクマン。(C)2015映画「バクマン。」製作委員会

しかし、映画版「バクマン。」は、王道の青春物語をひた走ることはありません。

王道であれば、最後は勝利で終わるはずですが、映画版「バクマン。」は敗北で終わっているのです。

これが、少し異端な青春物語である所以です。

 

それでも、涙にくれるような敗北ではありません。

全てを出し切り、満足したような、次に向かう可能性を感じされる敗北です。

バクマン。(C)2015映画「バクマン。」製作委員会

負けても大丈夫、次がある。

そう感じさせられる演出が、異端でありながら爽やかな青春物語を演出しているのです。

 

 

 

忘れかけていた、夢を追う気持ち

 

あわただしい日々を送っていると、かつて自分が何になりたかったのか、何をしたかったのかを忘れてしまいそうになります。

バクマン。(C)2015映画「バクマン。」製作委員会

夢を追うことは困難であっても、価値のあるものです。

 

映画「バクマン。」は少年漫画を原作としていますが、夢を忘れかけている大人に、是非見て頂きたい作品です。


純粋に、夢を追う楽しさ。

夢中になる感覚。

 

そういったものを存分に、思い出させてくれます。

(2019年11月現在の情報です。詳しい情報は公式サイトでご確認ください。)