韓国ドラマをU-NEXTでチェック!

「ちょっと今から仕事やめてくる」が、名言ありの良作映画だった。

映画「ちょっと今から仕事辞めてくる」は、日本のサラリーマン達にぜひ一度は見て欲しい作品です。いわゆるブラック企業にまつわるお話で、見る人の状況や経験によっては心洗われるきっかけになるやもしれません。

 

また、泣けるかどうかは人それぞれですが、少なくとも仕事や目標に行き詰まったり疲れた時に、ハッとするような言葉がたくさん出てきます。今回は、「ちょっと今から仕事辞めてくる」のあらすじや、私が選んだ名言&感想を綴りました。

 

ちょっと今から仕事やめてくる(C)2017「ちょっと今から仕事やめてくる」製作委員会

 

映画「ちょっと今から仕事やめてくる」のネタバレあらすじ

原作は、北川恵海の小説「ちょっと今から仕事やめてくる」です。コミカライズ版も発売されておりこちらも人気作品となっています。ブラック企業に就職した青年が、謎の男との出会いをきっかけにして人生を見つめ直していく物語です。

 

ちょっと今から仕事やめてくる(C)2017「ちょっと今から仕事やめてくる」製作委員会

いわゆる「社畜」と化して、自分の部屋も片付けられないほどに病んでいる気弱な主人公と、アロハシャツにビーサン姿の明るい関西人の謎の男が対照的で笑える要素もあります。ですが、全体的には劣悪な労働環境での重いテーマの作品です。しかし、ラストはスッキリする終わり方になっています。以下、ネタバレあらすじです。

ブラック企業新人・青山隆「もう、疲れた」

主人公の青山隆(工藤阿須加)は、理想の企業への就職活動に失敗し、焦って決めた企業に滑り込み営業マンとして就職。

ちょっと今から仕事やめてくる(C)2017「ちょっと今から仕事やめてくる」製作委員会

しかし、その企業は典型的なブラック企業で、過重労働・サービス残業や経費の自腹は当たり前、洗脳まがいの社訓を毎朝読み上げるような社風だった。さらには、パワハラの行き過ぎた部長(吉田鋼太郎)の元に配属されている隆は、なかなか営業ノルマを達成できず毎日怒鳴られてばかりだった。

 

部内で唯一、営業成績を残していてエース社員の五十嵐(黒木華)は、そんな隆を労う言葉をかけてくれていた。しかし、部長からの理不尽な叱責や労働時間の超過によって、隆の心はとっくに壊れていて、田舎の母からの電話も邪険に扱い、誰にも相談できずにいた。

ちょっと今から仕事やめてくる(C)2017「ちょっと今から仕事やめてくる」製作委員会

ある日の帰路、駅で電車を待っていた隆は、疲労が限界に達しホームから飛び降りようとする。その瞬間、見知らぬ男に手を引き戻されて間一髪ホームに倒れこむ。

謎の男・ヤマモトと出会う。正体は幽霊?

隆を助けた謎の男・ヤマモト(福士蒼汰)は、隆の小学校時代の同級生だという。山本のことを思い出せない隆だったが、勢いに押されて飲みに行くことに飲みながら意気投合した二人は、携帯番号を交換して頻繁に遊びに出かけるようになる。

ちょっと今から仕事やめてくる(C)2017「ちょっと今から仕事やめてくる」製作委員会

ヤマモトは隆に営業のコツを教えたり、見た目の印象を明るくするアドバイスを授ける。隆は前向きな気持ちになり、持ち前の真面目さで大口の取引先から契約をとってくる。

 

そんなある日、ヤマモトが同級生だというのは勘違いだったと知る。

ヤマモトのおかげで営業の仕事が上手くいくようになった隆は、同級生でなくとも彼と友達になれたことに感謝をする。しかし、外回り中の隆は、暗い顔で霊園行きのバスに乗るヤマモトを見かける。ネットでヤマモトの名前を調べたところ、なんと3年前に死んでいる人物だということがわかった。隆は、ヤマモトが自分の為に現れた幽霊なのかもしれないと考えるようになる。

ちょっと今から仕事やめてくる(C)2017「ちょっと今から仕事やめてくる」製作委員会

仕事は順調に見えたが、ある日、隆の取り付けた大口の取引先への納品ミスが発覚。何度も確かめたはずの発注書が間違っていた。先輩の五十嵐が隆のフォローをし、仕事を引き継ぐことになる。追い込まれた隆は、元よりひどい精神状態に追い込まれてしまう。

ネタバレ!ミスの真相やヤマモトの正体とは?

あらすじでお伝えした通り、隆の勤め先は絵に描いたようなブラック企業。吉田鋼太郎の演技もあって、最悪の上司にも(逆に)恵まれてしまった隆を見ているだけで辛くなります。ヤマモトの助言で、いい方向にいくかと思いきや、隆は大きなミスをします。

ちょっと今から仕事やめてくる(C)2017「ちょっと今から仕事やめてくる」製作委員会

しかしこのミス、実は仕組まれたものでした。隆も尊敬しており、営業成績トップの先輩・五十嵐が隆が伸びてくることで自分へのプレッシャーが増えることを恐れて発注書を改ざんしたのです。黒木華の絶妙にうつろいだ目の演出が入るので、見ている側はすぐ気がつくのですが真面目な隆は自分の責任だと思い込んでしまうのです。

 

五十嵐のやったことは最低ですが、あの部長の圧力が全ての根源です。さらには、その部長もきっと、昔のやり方が通用しないことに不満を持った時代の流れの被害者ではあるのでしょうけどね。

 

さらに、物語が進むにつれてヤマモト=幽霊疑惑が浮上します。隆がピンチの時に必ず現れたり、明るく的確な助言をくれるのでそう言われると、確かにそんな気がしてきます。3年前に死んだ事実が分かってからは、ヤマモトの明るささえも怪しくみえます。

 

真相は、3年前に亡くなったのはヤマモトの双子の兄。死因はブラック企業での過労による飛び降り自殺でした。ヤマモトは兄の死を止められなかったことを後悔しながら生きていました。

ちょっと今から仕事やめてくる(C)2017「ちょっと今から仕事やめてくる」製作委員会

ある日たまたま改札で、死んだような顔をしていた隆を見かけて心配であとをつけたのでした。隆を死なせない為に、同級生のふりをして必死になってピンチを救ってきたのです。隆を救うことで、兄を救えなかったと自分を責める気持ちと向き合い、ヤマモトも隆から元気をもらっていたのでした。

 

人生に疲れた時にみたい映画、名言も。

弱った心にぶっ刺さるセリフ

「ちょっと今から仕事やめてくる」は、仕事や目標に疲れた時に見ると確実に泣けます。今の職場に疑問を感じている方や、過去にそんな体験をした方は涙が止まらないかもしれません。

ちょっと今から仕事やめてくる(C)2017「ちょっと今から仕事やめてくる」製作委員会

”「これからはもう、調子に乗ることもなく、慎重に、慎重に、決して誰にも迷惑をかけないように…そうすれば必ず週末が来てくれる」”(隆)

 

疲れ果てた隆が、こんなセリフを頭の中でつぶやきます。客観的に見れば、なんて悲しい思考回路なんだろうと思いさえします。迷惑をかけないことを優先にするのは悪いことじゃないですが、果たしてそこにあなたの生きがいはあるの?と。

 

でも現実は、働いている中で不意なミスをしてしまったり叱責されてこのような気持ちになった経験、私はありました。この映画を見ると、この考えがどれだけ自分自身を大事にしていない思考なのか気がつきます。

 

”「隆にとって、仕事を辞めることと、死ぬことは、どっちが簡単なわけ?」”(ヤマモト)

ちょっと今から仕事やめてくる(C)2017「ちょっと今から仕事やめてくる」製作委員会

当初、死のうとしていた隆は、それでも仕事を辞めることを躊躇っていました。当然、退職するのも勇気が必要なことですし何より怖い、不安…そんな気持ちは痛いほどわかります。ブラック企業といえど、正社員。転職も上手くいくかわからない。そして、気持ちが追い込まれていくんですよね。

 

実際に、若いうちにミスマッチがわかれば転職しやすい時代にはなってきています。世の中にはフットワークの軽い人もいて、そういった方はメンタルも鍛えられているような気がします。反面、責任感が強くて思慮深い人ほど「仕事を辞める=逃げ出す」という思考になってしまってどんどん追い詰められます。隆はまさに、そんなタイプ。

ちょっと今から仕事やめてくる(C)2017「ちょっと今から仕事やめてくる」製作委員会

ヤマモトは、隆のそんな性格を分かった上で、あえてこう言うのです。こんなこと言ってくれる友達が居るだけ、幸せ者な隆!今、仕事に悩んでいる人は、映画の中のヤマモトの言葉をノートに書き出して見てはいかがでしょうか。原作を読むこともおすすめします。

 

”「だって、会社は世界にひとつじゃないんだから」”

 

退職を決意した隆は、田舎の両親の元を訪ねます。過去に親を敬わない言動をしてしまったことを気にしている隆は、恐る恐る仕事を辞めることについてどう思うか尋ねます。

すると、隆の母は「いいんじゃない?」と即答して、こう言います。

至極当たり前のことなんですが、追い詰められている時は簡単なことほど忘れがちです。人の数だけ、いろいろな家族が居ますが大半の親は、死にたいくらい苦んでいる子供を見るよりも、こんな回答をするのではないでしょうか。

 

劇中で、隆が久しぶりに実家に帰るシーンは、私自身、昔の経験も相まって涙がボロボロ出ました。もしも、人の親になった後に労働環境に苦しんでいる人が居たら、逆に考えてみてほしいなと感じます。「死にたいほど苦しんでいる自分をみて、家族はどう思うか?」そんな姿を見せないようにしよう、では無く、家族に素直に打ち明けることも必要かも。悩んでいる時は、自分の固定概念が優先されてネガティブになりがち。人からの言葉が意外すぎて拍子抜けすることもあるものです。

 

ちょっと今から仕事辞めてくる」の感想

 

全体的にはブラック企業や自殺など、重いテーマで語られる映画ですが、福士蒼汰さんの爽やかさが良いバランスを保ってくれているので気軽に見れる作品です。また、吉田鋼太郎の演技が凄まじい勢い。イライラするほどのパワハラっぷりです。(おっさんズラブを見たあなたは、「で、いつ隆に恋するの?」と思うかもしれませんが)


span style=”font-weight: 400;”>仕事や目標で悩みを抱えている人は、ちょっとした隙間時間にぜひとも見てほしいです。隆的思考に思い当たる節があったり、激しく共感したら、たまには思い切って休息して映画三昧!もいいかもしれませんね。

(2019年11月現在の情報です。詳しい情報は公式サイトでご確認ください。)