気軽に映画を観るならAmazonビデオ

おおかみこどもの雨と雪 心温まる感動の作品 スタジオ地図  細田守監督

感動の愛とおおかみ子供の子育て物語

dTV、Paraviなどで配信されている「おおかみこどもの雨と雪」細谷守監督の二作目のスタジオ地図が制作しているアニメ映画。おおかみこどもの雨と雪は、母である花(はな)の事を娘である雪(ゆき)が語るかたちで物語は進んでいく。おおかみ男の彼と花の出会いから始まる感動のストーリーをご紹介します。

おおかみこどもの雨と雪(C)2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会

おおかみこどもの雨と雪感動のストーリー

私が愛した人はおおかみおとこでした。

当時19歳の花は大学の教室で教科書を開かずノートをずっと書いている男、彼と出会う。

おおかみこどもの雨と雪(C)2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会

花は気になって追いかけそこから二人は互いに惹かれあい、いつしか恋人になっていく。月日が経ち、彼はある日自分が「ニホンオオカミ」の末裔の「おおかみおとこ」である事を打ち明ける。

おおかみこどもの雨と雪(C)2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会

 

もちろん困惑はしていたが、花はおおかみおとこである彼を受け入れやがて、子を授かったがそのシーンでは、母になるという存在の辛さと幸福さが描かれている。それを支えるおおかみおとこの人の父として、おおかみの父としての一面も描かれているので現在子育てや親をしている方々には印象に残っているシーンだと見られる。

おおかみこどもの雨と雪(C)2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会

花の「あなただから愛した」という言葉は個人的にすごく頭に残る言葉になっている。やがて「雪」が生まれ、一年後には「雨」を授かる。お腹に子どもを抱えながら雪の育児をする花、やがて「雨」が生まれすぐおおかみおとこは食料などは届けてくれるが、家に帰ってこなくなってしまう。働き詰めにし、おおかみの本能が働く父、おおかみおとこはやがて突然亡くなってしまう。

「私はこの子達のために生きよう」

 

突然なくなってしまった父、おおかみおとこの事は受け入れがたい花だったが、自分にはおおおかみおとこが残してくれた大切な「雪」と「雨」がいる事。

それが私の生きる、頑張る糧だと花は「大人」になるまでちゃんとしっかり育てようと決意する。

おおかみこどもの雨と雪(C)2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会

だが、それはけして簡単なものではなく現代でもそう、一年生まれが違う子どもを二人母親一人で育てようとするのは大変な事です。いたずらは多く個人主張がでてくる少し大きくなった「雪」とまだ赤子の「雨」を育児するという事は本作品でも描かれているようにとても休める時間もなく大変なことでしょう。

そういったシーンでもまたしっかり花の母親としての姿が描かれているので、大変注目のシーンです。二人は「おおかみこども」なのでもちろん父と同じでおおかみに変身してしまいます。そんな子が普通の人に紛れて生活するのはとても難しい事です。

おおかみこどもの雨と雪(C)2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会

花は独自で育児についてとおおかみの性質を学びますが、変身を操れない二人の子どもは人が住む生活に馴染めず、周囲に迷惑をかけてしまうので花は二人が大人になった時の事も考え人として生きる道とおおかみとして生きる道をどちらでも選べるように、山奥の田舎に引越しをする事を決意する。

 

新しい生活と難しい人間関係

 

dTV、Paraviなどで配信されている「おおかみこどもの雨と雪」。

ここまでで大変すぎるほどの辛さと苦労を乗り越える母親としての花の姿と、二人の子ども「雨」と「雪」の成長を描かれていた。

おおかみこどもの雨と雪(C)2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会

これからだんだん大きくなっていく雨と雪がどう成長するのか、おおきくなり人としてもおおかみとしても大きくなる二人をみて、花はどう接しどう受け入れていくのかそんな新しい生活と成長の区切りとなる部分をご紹介していこうと思います。

初めての田舎の暮らし、そして自給自足

 

はじめて山奥の田舎に住み始めた3人。子ども達が人目をあまり気にせず遊ぶ事ができ、裏はすぐに山なので、おおかみに変身しても思いっきり走り回れる環境があるが、もちろんは働きに行くにも移動時間がかかる。

なので花は自分達で野菜など食料を育て少しでも生活の足しにしようと頑張るが、野菜を育てるのにも色々な工夫ややり方があり、はじめてでうまく育つというのは本当に難しいです。虫の駆除も大変です。花はとても苦戦しますが、少し下ったところで畑や田んぼを持っている近隣の方々は、花達のことを「すぐにでていく」といっていたが花達の頑張りを見て見てられなくなり心配し、やがて皆花を助けてくれます。

おおかみこどもの雨と雪(C)2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会

こんな良いご近隣の方々がいて田舎暮らしって誰しも一回は憧れちゃいますよね。でがこんなに花のようにずっと笑っていられて頑張って強く生きるのは本当に凄い事です。とてもいい刺激になるシーンだと私は思っています。

 

来るとき。雪と雨の想いと変化

二人の性格は本当にまったく違います。雪は何にも恐れない強気で活発な少女、それに対して雨はとても気が弱く内気な性格です。ですが、雪は今まで野生的に過ごして来ましたが、

おおかみこどもの雨と雪(C)2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会

小学校に入ってから自分が周りの同じ年で同じ性別の女の子とまったく違う事に少しずつ気付き、人としての女の子として目覚めます。雨は学校に行くが弱気で内気な性格故、いじめに合いまったく馴染めず不登校になる。

そんな雨は母、花と共にアルバイト探しに付き合い動物に関係するボランティアにくっついて行動します。そのボランティアの場所で老いたおおかみと出会い、雨はどんどんおおかみと動物達に興味を持ち始めます。それがきっかけにもなったんだと思います雨もだんだん変わっていく様子が見られます。

おおかみこどもの雨と雪(C)2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会

その姿をみて花も安心したんでしょう。とても良い笑顔が見られます。ここからどんどん二人は心の成長をしていき、それぞれの道を見つけていきます。

おおかみとして、人として。二人の未来

おおかみこどもの雨と雪(C)2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会

二人はあくまで「おおかみこども」おおかみと人の間に生まれ、人としてもおおかみとしても知識を得て来ました。

大きくなるにつれわかってくる事は多いと思いますがもちろん悩みも子どもとして、親として様々なものが出てきます。そんな三人はどう乗り越えどう変わっていくのか最後はとても余所見できないシーンになっています。

 

出会いは人を変えるきっかけとなる

 

その通り、出会いはどの時でもありいきなりやってきます。だがしかし、人の心をどう変えていくかはどう接していくかに寄って変わってきます。

そんな時期が雪にもやって来ました。クラスに「草平」という一人の男の子が転校してくるのですが、草平は雪と出会うがいきなり「獣臭い」という言葉を言ってしまいます。

おおかみこどもの雨と雪(C)2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会

その言葉は人の女の子として学校を過ごしてきたが、自分が「おおかみ」という事を思い出させてくれるような言葉。草平が悪気がなかったにしろ、雪にとってはとても傷つく事でしょう。雪は草平を避けてしまうが草平はもちろん何故避けられるのかわかりません。

ある時、雪は草平に怪我をさせてしまいますが、草平は気にしておらず雪と仲良くしようとするが、雪は自分のせいで怪我をさせた事を気にしていたが草平の行動力によって二人の距離は近づきます。

正直小学生なのにすごいなぁって思いながら見てました。大雨で二人っきりなったとある夜、二人は夜の学校で自分の事を打ち明け雪は、はじめて本当の自分を見てくれる人と出会いとても嬉しかったと思います。

そのシーンはまるでおおかみおとこの父が母である花におおかみである事を打ち明けた夜ととても重なり、グッときます。ぜひこども達にもみてほしい場面です。

おおかみとして「しっかり生きて」

 

とある雪の日から雨はどんどん変わっていきました。雨は動物とふれあい、おおかみとして山に篭ったりするうちに狐の「先生」と出会います。

先生は山の事、野生の動物達の事、動物としての野生の生き方様々な事を雨に教え、雨はどんどん「おおかみ」として生きる事が楽しくなっていきます。人の世界に馴染めなかった雨からしたら相当楽しかったんだと思います。

おおかみこどもの雨と雪(C)2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会

ある雨の日、雨は山での惨事を目の当たりにし、決意します。「もうすぐ先生は死ぬ。いかなくちゃ」そんな言葉を聞いて、母親である花はもちろん行かせたくありません。そりゃそうですよね、山には危険がいっぱいあり、ましてや自分の息子を危険な場所にはいかせたくないですよね。

いったい花はどんな顔をしていたんでしょうか、それを見た雨は母の傍にいる事をきめますが、台風の日先生に教えてもらった事の1つでしょうか、気候を読み台風がくる事を伝えますが花はいってしまいます。雨が山の動物達の事などすごく気にしているのを花は気付いていました。

おおかみこどもの雨と雪(C)2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会

こんな台風の日に山にいく事はとても危険なことでしょう。隙をついて雨は行ってしまいますが、それにきづいた花は雨を追いかけ怪我をしてしまいます。雨は、花を助け、目を覚ました時雨は山に戻ろうとしました。それを見た花はきっと父であるおおかみおとこの面影を感じたでしょう。その姿は本当に大人なおおかみであり、花は笑顔で「しっかり生きて」と別れを告げました。

 

このアニメはとても見てて家族の絆大切さを教えてくれる「親」と「子」の成長がいかにどんなに大変なのかも教えてくれる素敵な感動のアニメです。こちらの映画はAmazonプライム、dアニメなどで配信されていますのでぜひこの感動のアニメーション映画を家族、または大切な人とご覧ください!


(2019年10月現在の情報です。詳しい情報は公式サイトでご確認ください。)