気軽に映画を観るならAmazonビデオ

【連作コラム第3回】~野木亜紀子論「アンナチュラル」編~

連作コラム「野木亜紀子論」、今回は第三回。

第一回は「重版出来!」、第二回は「逃げ恥」といった形でお送りして来ましたが、野木亜紀子の名前はしっかり覚えていただけましたでしょうか?

重版出来!【TBSオンデマンド】【連載コラム第1回】~野木亜紀子論「重版出来!」編~逃げるは恥だが役に立つ【連載コラム第2回】~野木亜紀子論「逃げるは恥だが役に立つ」編~ 完走まで今回を含めてあと二回、最後までお付き合い頂けたら幸いです。

さて、今回は「アンナチュラル」編です。

アンナチュラル ドラマ(C)TBS

主題歌の「Lemon/米津玄師」は2018年を代表する楽曲として日本中で聞かれてYoutube再生回数は4億回を超える大ヒット!

貴方がもし「アンナチュラル」を見ていないのだとしたら、「Lemon/米津玄師」をよりエモく味合う機会を惜しくも逃してしまっている事になりますので、今回はそれも含めて、解説&ご紹介をさせて頂こうと思います。

伏線の緻密さに毎話脱帽!?「アンナチュラル」あらすじをご紹介

まずは今回のテーマとなるドラマ「アンナチュラル」について簡単にご紹介させていただくと共に、本作の魅力を余すところなく語らせて頂きます。

不自然(アンナチュラル)な死を暴け!法医学ミステリーの傑作!

アンナチュラル ドラマ(C)TBS

舞台は現代日本。主人公達はUDI(不自然死究明研究所)ラボに所属する法医解剖医。

日本では死因の分からない遺体の殆どが事件性が無ければそのまま火葬され埋葬されてしまう。

だがしかし、その中には死因を究明しさえすれば、まだ見ぬ病原菌や、判明していない殺人などを早期発見出来る可能性が秘められている。

UDIラボとは、そうした死因の分からない遺体を解剖する為の民間の研究機関であり、法医学とはこれからの未来を生きる人類の為の学問なのだ。

 

毎話運び込まれた遺体を解剖し、その死因を究明する事で、故人や遺族の人生に否応無く関わっていくUDIラボのメンバー達。その一人一人にも隠された過去や秘密があって・・・。

一話完結型のサスペンスドラマである本作ですが、全十話の後半四話からはUDIラボの法医解剖医、中堂系(井浦新)の隠された過去と、その真相に迫っていくクライマックスが幕をあける事になります。

第一話から緻密に張り巡らされた伏線が一挙に回収されていく快感を是非味わってください!

個性豊かなラボメンバー達に注目!

アンナチュラル ドラマ(C)TBS

本作に登場する架空の研究機関、UDIラボのメンバー達は個性派揃い。

石原さとみ、市川実日子、井浦新、窪田正孝らを筆頭に、同僚に飯尾和樹、室長役には松重豊と演技派俳優が勢揃いし、そこに野木脚本の真骨頂であるスラップスティックな掛け合いが加わる事で、”遺体の解剖”という重苦しいテーマを中和して娯楽作として楽しめるのです。

壮絶な過去を持ちながら、その後の人生観、価値観は対極の存在である三澄(石原さとみ)と中堂(井浦新)。UDIの信頼関係を根本から破壊しかねない”ある秘密”を抱える久部(窪田正孝)。三澄と奇妙な友情関係を築いている婚活戦士東海林(市川実日子)。中堂の粗暴な態度に萎縮するばかりで、遂には退職し、中堂を相手取って訴訟を起こす事になる坂本(飯尾和樹)。元厚労省のキャリア組ながらも、全てをUDIに捧げる室長神倉(松重豊)。

それぞれが魅力に溢れたキャラクターであり、そんな彼らが互いにぶつかったり、協力しあったりする様が愉快であるからこそ、どんなテーマでも楽しく見ることが出来る。野木脚本の重要なファクターはそこにこそあるのです。

「アンナチュラル」に見る野木脚本の魅力とは?

アンナチュラル ドラマ(C)TBS

ここからは今回のテーマ「アンナチュラル」の作中に光る、野木脚本の魅力を解説して行きたいと思います。

現代社会の病理を自然にテーマに。共感を呼ぶ脚本術

アンナチュラル ドラマ(C)TBS

本作「アンナチュラル」では、毎話毎話UDIに解剖依頼と死人が舞い込んでくる訳ですが、そのバリエーションは中々に豊か。

第一話では、急性心不全によって突然死した会社員。第二話では、練炭による一家心中。第三話では、夫によって刺殺された人気主婦ブロガーなどなど。

いずれのケースにも、今我々が住んでいる現代社会に存在する問題や、風潮などが風刺的に内容に織り込まれています。

SNSによる行き過ぎた自治行為。ネットを媒介に集まる自殺志願者とそれを狙う犯罪者。女性への蔑視や年齢差別。ブラック労働による過労死。そして、震災。

野木脚本はこの国で暮らす全ての人の身に覚えがあるだろうテーマを物語の背景にごく自然に溶け込ませています。展開に面白みを加味するツイストの役割だけでなく、見終わった後にも心の中にしっかりと残る後味がある。

数多の娯楽が飽和し、テレビドラマの視聴率も下落の一途を辿るこの時代に、野木亜紀子の作るドラマが多くの人に愛され話題を呼んでいる背景には、そうした深みのあるストーリー作りが大きく関わっているのだと、私は思います。

「Lemon」がよりエモくなる!?歌詞にシンクロするストーリー展開

本作の主題歌である米津玄師の「Lemon」。


この名曲の歌詞には全編に渡って別離のイメージが強く感じられますが、本作「アンナチュラル」もまた、全話全編に渡って別離をモチーフにしたストーリーラインが組まれています。

遺体の解剖という否応無く人の死に携わる仕事をテーマにしている以上、必然的に呼び込まれる展開ではありますが、毎話毎話、明らかになった真相を前に、UDIの面々が、遺族達が故人の思いについて触れる事になる。

その度に「Lemon」がバックに流れるわけですが、これが演出として非常に切れ味のあるものになっています。また、ドラマを見ている最中でなくとも「Lemon」を聞いていると、劇中のシーンやセリフがフラッシュバックし、思わず落涙してしまいます。

優れた楽曲がよりドラマを高め、優れたドラマがより楽曲を高める。理想的な相乗効果を生んでいるこの関係は双方の高い完成度がなければ成し得ない事です。

「アンナチュラル」が好きな方も、「Lemon」が好きな方も、是非、片方だけでなく両方をセットで楽しんで頂けると、より深い感動が味わえますのでオススメです!

「アンナチュラル」筆者のオススメ回をご紹介!

ここからは、先述したような野木脚本の深みが存分に味わえるオススメの回をご紹介致します!

第2話「死にたがりの手紙」

アンナチュラル ドラマ(C)TBS

練炭による一家心中が発生。警察は自殺と断定するが、事件性が無いかどうかUDIが司法解剖を行う事に。

しかし、運ばれてきたご遺体の内、一人は死因が”凍死”である事が判明し、事態は急変。集団自殺の中に他殺体を紛れ込ませたのでは無いかという疑惑が発生する。

遺体の体内から発見されたメモに残されたダイイングメッセージを基に殺人事件として独自に調査を開始する三澄と久部だったが、調査の最中、犯人と思しき人物によって冷凍庫付きトラックに監禁されてしまう・・・。

この回は演出といい、脚本といい、一本のサスペンスミステリとしてかなりの完成度だったと思います。

三澄が自身の過去を被害者に重ね、サバイバーズギルト(生存者の罪悪感)から真相究明に使命感を抱く点には、往年の傑作ミステリ「羊たちの沈黙」の主人公クラリス・スターリング捜査官を彷彿とさせましたし、物語の中盤、刑事が”ある関係者”の家に訪問する際のドアの演出には明らかに「羊たちの沈黙」へのオマージュが感じられました。

犯人の犯行手口は、放送時の僅か数ヶ月前に起きた実際の連続殺人事件にそっくりの手口でしたし、無理心中という言葉を巡る倫理的な論議も視聴者に問題提起をしているように感じました。

第4話「誰がために働く」

アンナチュラル ドラマ(C)TBS

バイクによる単独の自損事故で命を落とした工場作業員。その死の責任が誰にあるのかを巡って、直前にバイクの整備を担当した修理工、故人の診察を行なっていた病院、そして時間外労働の存在が疑われている工場の責任者がUDIにやって来る。

直接の死因は頸椎動脈の損傷によるクモ膜下出血、すなわち事故死であると明らかになるが、頸椎動脈を破裂させた原因となる傷が事故の日付と一致しない。事故の真相がまだ別にあるのでは無いかと考えるUDIラボのメンバーをよそに、遺族の関係は悪化していた・・・。

ブラック企業。

労働者である我々にとって決して他人事では無いですよね。法外な超過勤務や、賃金の未払いなどそうした話題を聞かない日はないくらい、世の中に当たり前に存在してしまっています。

この回はそうした問題を提起すると共に、労働とは何か?、何のために、誰の為に人は働いているのかという問いを投げかけて来ます。

やりがいや、プライド、そうした美辞麗句を笠に着て、人を搾取するという事。野木亜紀子は自作「逃げるは恥だが役に立つ」の中でも、そうした現実について描いていましたが、こちらではよりハッキリと克明に、搾取が如何に人の人生を踏み躙る行為なのかを描いています。

これらの回以外にも、いじめという殺人について描いた第七話「殺人遊戯」や、狡猾化する性犯罪の手口や仮想通貨など、タイムリーな話題を盛り込んだ第六話「友達じゃない」など、どの回も完成度は折り紙付きですので、是非、お時間の空いた際などに少しづつでも、一気にでも、見ていただけたら幸いです。

今回ご紹介した作品「アンナチュラル」は動画配信サービス「Paravi」にて配信中!今までご紹介させて頂いた野木脚本ドラマ「重版出来!」、「逃げるは恥だが役に立つ」も配信中ですので、是非是非、この機会に利用してみてください!

(2019年8月現在の情報です。詳しい情報はParavi公式サイトでご確認ください。)