半沢直樹を無料視聴する方法はコチラ

朝ドラ『スカーレット』第24週「小さな希望を集めて」のあらすじとネタバレ

『スカーレット』が2020年3月16日~第24週目に入りました。武志は、容体が落ち着いたので退院しました。アパートを引き払い、喜美子のもとで一緒に暮らします。工房で、自分の出したい青色に取り組んでいます。そして、骨髄移植のため、多くの人が力を貸してくれていますよ。

スカーレット©NHK(Japan Broadcasting)All rights reserved.

【第139回 希望の力(3月16日放送)】

昭和59年(1984年)2月。

喜美子の白血球の型が、武志のものと一致するかどうか結果がわかる日が来ました。

白血球の型が一致すれば、骨髄移植の道が開けます。

病院で、大崎に結果を聞くことに。残念ながら、白血球の型が一致しませんでした

気になった大崎は、喜美子に「患者の会」の存在を教えます。

スカーレット©NHK(Japan Broadcasting)All rights reserved.

子供と親の型が一致しなかった人がやっている会とのこと。いつでも紹介しますからと声を掛ける大崎でした。

武志は、またアルバイトを始めました。喜美子の工房で釉薬作りも始めます。

喜美子は、病院で聞いた結果を告げます。そんな喜美子に、検査を受けてくれてありがとうと礼を言う武志でした。

次の日、陶芸教室の子供たちと喜美子は豆まきをすることに。ちょうどやって来た八郎が、鬼役をやらされます。

八郎の検査の結果もダメでした。落ち込む八郎に、喜美子は罰金を取るといいます。

スカーレット©NHK(Japan Broadcasting)All rights reserved.

これから、情けないこと、しんどいこと、ひどいことを言ったら罰金だと。

その夜、照子や信作、百合子が喜美子のもとへ。検査を受けてくれることになりました。

子は、ほかに娘たち、信作は、役場の人たちにも声を掛けてくれると言ってくれます。他にも力になってくれる人がいるはずだと照子。

スカーレット©NHK(Japan Broadcasting)All rights reserved.

一方、武志は大輔と学に白血病だということを伝えます。二人とも、信じようとしません。そんな二人に、あと「3年~5年」だということも伝える武志でした。

喜美子は、検査に協力してくれる人たちの名前をノートに記していました。そこへ、大輔と学、真奈も訪ねてきます。

三人とも検査を申し出ます。病院で骨髄移植についてもきちんと聞いてきたと。

今日来たのは、他の人に言ってもよいかという確認でした。友人関係は大輔と学がまとめてくれるようです。 

喜美子は、協力してくれる人たちの名簿を武志に見せました。多くの人が力を貸してくれます。その名簿をみて「ありがたいなあ」と武志。

協力してくれた人たちから、次々と電話がかかっています。

なかなか型の合う人はいません。結局、協力してくれた全ての人の型が合いませんでした。それでも、その人たちへの感謝を忘れない武志と喜美子でした。

そんな喜美子にまた電話が・・・・・・。相手はちや子でした。どうやら、サニーにいるようです。ちょっと出てこないかと誘われる喜美子でした。

第139回はここまでです。武志に多くの人が協力をしてくれました。みんなが喜美子や武志を慕っている証拠ですね。それにしても、本当にドナーが見つかりませんね。

【第140回 患者の会(3月17日放送)】

ちや子が、サニーで喜美子を待っていました。そこへやってくる喜美子。武志の病気のことを聞いて検査もすでにしてくれたと言います。

なかなか白血球の型が合う人がいなく、それでもたくさんの人が力を貸してくれたのです。

武志の友達は諦めず声を掛けてくれています。ちや子も喜美子の名前を出して、声を掛けてみると。

どうやってお礼をしたらいいかと戸惑う喜美子に、ちや子は、こう伝えます。

母親である前に陶芸家でもある。今の思いを作品に込めたらいいのだと。

いろんな方への思いを込めた作品を作ることで返していったらいいと。それを聞いた喜美子は、ひたすら作品を作るのでした。

さらなるドナー探しと治療のため、多くの作品を手放すことにしました

そして、協力してくれた一人一人に手紙を添えて、作品を送る手配をする喜美子でした。

武志と白血球の型が一致する人は見つからないまま、患者の会を紹介してもらうことにしました。

武志と同じ白血病で同じ病室だった安田智也のお母さん・理香子も誘いました。

大崎から、患者の会代表の日高を紹介されます。日高は、喜美子に挨拶すると同時に、「よう頑張ってるな」と抱きしめてくれます

患者の会は1に情報交換、2にお互いを励まし合う。まだ柱はこの2本しかないと。会員も数える程度しかいないようです。

患者の会が作った冊子には、抗がん剤の副作用なども書かれていました。

病室

患者によって症状は、違うようです。髪が抜ける人もいたりいなかったり、味覚障害といって食べ物の味がわからなくなる人もいます。

ドナーもなかなか見つからないようです。

日高が何気なく安田に、「元気出してーや」と声を掛けると、「元気なんて出せるわけないです」と理香子は去ってします。

彼女の後を追いかける喜美子。理香子を見つけ、無神経なことをしたと謝ります。そして、日高も謝っていたと伝えるのでした。

日高の娘はすでに亡くなっていて、その後に作った会であることも伝えます。娘さんの闘病生活が大変だったからだと。

理香子は、智也が元気だった頃の話を始めます。もっといろいろなことをやらせてあげればよかったと涙する理香子。

花

そんな彼女に、喜美子は「何色がすきですか?」と。白が好きと答える理香子。

続けて白地に何がいいか聞くと、明るい花が咲いているのがいいと答えてくれました。

武志は、バイトを来週から2~3日にしようと提案されます。時間も3~4時間でと。

つらいだろうからと言ってくれます。その日は上がっていいと言われ、帰ろうとすると真奈が武志に会いに来ました。

ひとまず、検査のお礼を伝えます。真奈から「何で避けるのか、嫌いか」聞かれ、「そういうことや」と答える武志でした。

「お元気で、さいなら」と帰る武志に、「さいならだけは言わないで」と叫ぶ真奈でした。

その足で智也のお見舞いに訪れる武志。智也は、武志が来てくれたことを喜びます。そして、喜美子は、家で武志の帰りを待っているようでした。

第140回はここまでです。患者の会を紹介してもらった喜美子。患者もその家族もいろいろな人がいて、いろいろな考え方があります。ドナー探しに苦戦しているようですが、適合者は見つかるのでしょうか。

【第141回 武志だけのイメージ(3月18日放送)】

大野家では、真っ暗なサニーの店の中、信作の父親が薬を飲んでいました。

心配する陽子と百合子。2人が心配するからと、こっそり飲んでいたようです。ただの膝の薬でした。

夜、川原家では、喜美子がうたた寝していました。気付くと毛布が掛けられています。

武志がいるかと工房へ向かうと、その前で雨に打たれながら、武志を見守る真奈に姿がありました。

喜美子は真奈を母屋へ招きます。門限を心配して聞くと、厳しかった祖母は亡くなったそうです。

武志に会いたくて、アルバイト先に行ったことを話します。

約束していないのでアカン言われ、嫌いとも言われたと。途中で雨が降ってきたで傘を買って、今度は工房へ来てしまったようです。

家に帰ると亡くなった祖母の匂いがすると言います。それで思うのが、会える時に会いたい人には会っておこうと。だから、嫌いと言われても来てしまったというのです。

そんな真奈に、喜美子はこう伝えます。今、武志が作っている作品がある。完成するかどうかもわからない。今はそれで一生懸命なのではないかと思うと。

真奈はまた、武志の姿を見に行くと、母屋を出ていきました。工房の前でバッタリ会ってしまいます。「何でいるん?どういやつもりや」と武志。

武志は、真奈と会わないのは、病気だからだとはっきり伝えます。

それに対し、真奈からは、病気だからというのは納得できない。そういうのは許可しませんと。だから、また来ますと帰っていくのでした。

翌日、真奈が忘れていった傘を庭に干していると、八郎がやって来ます。この日、喜美子は京都の展覧会へ行くので、一日だけ、八郎が武志に付き添うことに。

工房に行くと、武志がいくつかの作品を作っていました。どこかで見た光景やなと八郎。

そこへ、住田が顔を出します。武志の病気を知ったようで、挨拶してくれます。おかしいとは思っていたんだと・・・・・・。

普通に接してほしいという武志に、京都の土産を買ってくる約束をする住田でした。そして、喜美子と2人、京都へ向かいました。

京都

その後は、武志の作品作りを手伝う八郎。作品のイメージについて話します。喜美子の作品は、喜美子独自の発想だと。

武志も皿に亜鉛結晶で雪を降らせたことは、武志独自のひらめきだろうと。お父ちゃんのできなかったことをやれ、自分を越えていけと話します。

頭を柔らかくしないと、イメージする力は沸いてこない、ここが固いねんと武志の額を八郎が触ると、武志は、熱を出していました。

心配した八郎は、すぐに大崎へ連絡します。解熱剤を飲んで安静にするようにと。それでも熱が下がらない時は、また連絡するように言われました。

雨

縁側でごろ寝する武志に、ちゃんと布団で寝るよう怒る八郎。そこに急に夕立が。大雨を見ているうちに、何か閃いた武志でした。

第141回はここまでです。真奈の気持ちに応えられない武志。お互いにやるせないですね・・・・・・。そんな武志に、八郎が大切な助言をしてくれます。八郎だからこその貴重な話でしたね。

【第142回 水の波紋(3月19日放送)】

雨が降るのを見て、何かを閃く武志。雨は止みましたが、武志は自分のイメージをひたすら絵にしています。

ふと、雨が溜まった傘が風に吹かれて、雫が水たまりに一滴落ちます。それをすぐさま、また絵にする武志。

夜になってもまだ書いていました。そこへ、喜美子が帰ると、大崎先生が来ていました。

喜美子は改めて、大崎からその日の出来事を説明してもらいます。

武志が発熱したと連絡を受け、心配だったので、帰りに立ち寄ってみたと。高熱が続かなければ、大丈夫だろうと言ってもらいます。

武志は工房で、早速、作陶を始めました。そばで見守る八郎。

そこへ、大崎が見学しに来ました。夢中で作陶続ける武志を、暖かく見守る喜美子でした。

大崎が帰る時、お世話になっている人みんなにお礼の作品を差し上げているので、何が好みか聞きます。すると、クールと答える大崎。

しかし、患者からの頂き物は受け取れないからという大崎に、「作りませんか?」と誘う喜美子でした。

工房では、数枚のお皿が出来上がっていました。武志は、智也に陶芸をやっていることを伝えたと。

智也は、受験勉強をしていて、今度、数学と英語を教えてあげることなどを話します。

今、取りかかっている作品が完成したら、智也に一番に見せることも約束したようです。

あかまつでは、熊谷家の2番目の娘・芽ぐみの結婚が正式に決まり、お祝いに敏春と学が酒を酌み交わしています。

敏春は酔いながら、武志くんは病気だけど、披露宴に出席してもらおうなと話すのでした。

川原家では、喜美子と八郎が、京都のおみやげを食べながら、昔のように話しています。

しかし、内容は武志の病気のことです。八郎は言います。ただもう、元気でいてくれたら、それでいいと思うと。

お風呂から上がった武志は、自分の部屋へ向かいます。

喜美子は、京都のおみやげを用意しながら、武志に話かけますが、いまいち反応が鈍く・・・・・・。なぜなら、大量に抜けた髪の毛を見て、驚いている武志の姿がありました。

翌日、喜美子は、智也の母に渡すお皿を用意していました。

第142回はここまでです。武志の作品へのイメージが決まりました。

作品作りに向かいますが、とうとう髪の毛が抜ける副作用が・・・・・・。明るく振る舞う喜美子の姿が、帰って悲しくなります・・・・・・。

【第143回 懐かしい人たち(3月20日放送)】

喜美子は、智也の母に渡すお皿を用意し、病院へ向かいました。お皿を無事渡すと、急に智也の容体が悪化します。

一方、工房で、作品作りに励む武志。そこに、電話が鳴ります。母屋にいる八郎が出ると、電話の主は、荒木さだでした。

ちょうど、喜美子が帰ってきます。智也が亡くなったと八郎に伝え、武志を連れて病院に行ってくると言いますが・・・・・・。

そこへ、さだと圭介がやって来ました。なかなか二人の予定が合わず、いきなりの訪問になってしまったことを説明するさだ。

武志がやって来て、二人に挨拶します。昔話に花が咲く喜美子たち。圭介は、自分の夢の通り、小児科医になっていました

武志は工房へ戻り、残ったメンバーで話をします。

圭介は和歌山の大きな病院の小児科の先生さだは、京都の服飾専門学校の会長を退き、去年からは顧問だと

そんなさだは、また新たなデザインに取り組んでいるそうです。それは、ガンの患者さんのブラジャーだと言います。

こういう下着のデザインを始めたと圭介に連絡をしたところ、その前日、ちや子が訪ねてきたと。武志のこと、ドナー探しのことを聞いたそうです。

圭介は、やはりドナー探しは難しいことを伝えます。ただ、医学の進歩はすごいので、白血病のような不治の病も、何年か後には治る病になっているだろうと。

https://twitter.com/asadora_bk_nhk/status/1240953999534284800

そうして、さだと圭介は帰っていきました。喜美子は、工房へ向かい、智也が亡くなったことを告げました。

上手いことできたら、見せにいく約束をしたからとそのまま作陶を続ける武志。これが5月の出来事でした。

武志は、週3回4時間のアルバイトをしながら、作品作りを続けました。

水が生きているという思い通りの波紋が描けず、武志の試行錯誤が続きました。真奈も様子を見に来ています。

そうして、夏が過ぎ、週3回4時間のアルバイトは、週2回4時間となり、週1回4時間だけとなり、それでも辞めずに続けています。

アルバイト先に、学と芽ぐみが揃ってやって来ました。披露宴の招待状を持ってきたのです。喜美子は、穴窯に使う薪を運んでいました。武志は変わらず、アルバイトへ向かいました。

第143回はここまでです。懐かしい人たちが顔を出してくれました。

圭介も希望通り、小児科医になっていましたね。悲しい出来事も・・・・・・。智也が亡くなってしまいました

武志の病気も進行していますね。ドナーはなかなか見つからないことがもどかしいです。

【第144回 武志の作品の完成(3月21日放送)】

武志のアルバイトは、週1回4時間になっていました。病気の治療と作品作りに励む毎日の中、外に出て働くということが、武志にとって大事な時間です。

喜美子が穴窯の準備をしていると、八郎がやって来ます。

そこに、武志の友達の大輔と学も来ました。ドナーが見つからないことで、喜美子に一度、謝ろうと思っていたと。声掛けは続けるつもりとのこと。

八郎は、そんな二人に、ジョージ富士川の絵本に、武志が書き込んだ言葉を見せます。

そこには、「今日が友達の1日なら友達といつもと変わらない1日を過ごすだろう」と書かれていました。

そして、武志はアルバイトを辞めることになりました。

最後にたこやきをごちそうになります。週1回4時間のアルバイトの時間が終わってしまいました。武志は、一礼してアルバイト先を去ります。

家に武志が帰ると、喜美子が穴窯に火入れをしていました。バイトを辞めたことを告げます。工房では、八郎が姉へのお礼の茶碗を作っていました

武志も自分の作品は、お礼のつもりだと。お世話になった人みんなに見せたい。自分は元気ですという意味の大皿を作るのだと。

喜美子が変わらず、黙々と穴窯をやっていると、大輔と学がやって来ました。武志を遊びに誘うためでした。

次の日、3人で大阪に遊びに行きました。

入れ違いで直子がスッポンを持ってきました。ちょうど、真奈もやって来ました。

武志が不在なので帰ろうとする真奈を引き留めます。夜は、大輔や学も交えて、みんなでスッポン鍋を囲みました。

みんなが帰った後、薬を飲む武志に、「どんな味がするの」と聞いてくる直子。

「そんなことを聞かれたのは初めてや」と武志。髪の毛が抜けたこと、つらいことはないかなどズケズケと聞いてきます。

そして、真奈とちゃんと付き合うように勧めます。病気でも、恋愛したって、恋人を作ってもいいと。逃げるように自分の部屋に行く武志でした。

数日後、喜美子の作品が出来上がりました。いい色が出ています。

10年以上やっていると、炎の流れが想像できるようになってくる。狙って出した色だと言います。景色を想像していくのだと。

その言葉に何か思いつく武志。そして、ついに思い通りの作品が出来がりました。大皿の中に水が生きていました。

第138回はここまでです。ようやく武志の作品が出来上がりました。綺麗な大皿でしたね。

直子のアドバイスがなかなかよくて、そのまま真奈とも進展したらいいなと。

そんな来週のお話は、「最終週 炎は消えない」です。

武志と真奈がついにデートでしょうか?また、陶芸展で出会うちや子と草間。ジョージ富士川も再登場のようです。さあ、来週はついに最終週。いよいよラストスパートですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。