半沢直樹を無料視聴する方法はコチラ

朝ドラ『スカーレット』第12週「幸せへの大きな一歩」のあらすじとネタバレ

2019年12月16日~第12週目に入りました。いよいよ八郎の陶芸展の締め切りも迫ってきています。それに加えて、珈琲茶碗の依頼もあって……。どう切り抜けていくのしょうか?

スカーレット©NHK(Japan Broadcasting)All rights reserved.

編集部

スカーレットをNHKオンデマンドでチェックする

【第67回 作品作りと珈琲茶碗(12月16日放送)】

昭和35年(1960年)1月1日。直子が東京から帰ってきました。なんと川原家に電話がひかれたのを見て大喜びです。

久しぶりに一家そろっての食事ですが、喜美子は雑煮も食べずに丸熊陶業へ八郎の手伝いです。大野に珈琲茶碗のデザインを決めてもらうため、丸熊陶業に来てもらいました。

2種類のタイプで決めかねているのをみて、両方引き受ける八郎。2種類を10個ずつ作ることになります。

大野が帰ると、喜美子は数が増えたことと代金をもらわないという八郎に詰め寄ります。八郎は、大野家には開店祝いとして渡したいという気持ちがあるのです。

考え方の違う二人。憮然としている喜美子に対して、八郎は結婚前に違う考え方がわかってよかったと笑います。

その後、喜美子は常治から、チャンスは一回きりで今回入選しなかったら、結婚も陶芸もなしやと言われたと伝えます。急に焦り出す八郎。

そこで、喜美子は珈琲茶碗を自分が作ると申し出ます。ですが、もの作りは基本が大事なので、いきなり珈琲茶碗は無理だと八郎にたしなめられてしまうのでした。

形作り、乾燥、素焼き、本焼き。珈琲茶碗20個を完成させるまで、およそ2週間かかります。一人で作る八郎を見ているうちに、泣き出す喜美子。「作りたかった、無茶したかった、一緒に乗り越えたかった」とさらに泣くのでした……

第67回はここまでです。八郎が作品作りや珈琲茶碗作りに忙しい中、何もできない、役に立てない自分がもどかしい喜美子。一緒に乗り越えたい気持ちもわからなくはないですが……。

 

【第68回 喜美子の初めての珈琲茶碗(12月17日放送)】

「無茶したかった、作りたかった……」と言って泣く喜美子。八郎は、黙って部屋を出ていきました。しばらく、喜美子が一人で待っていると戻ってきます。

そして、喜美子をろくろの前に座らせると、信作のところに電話して「喜美子も手伝います」と許しをもらったきたと言います。早速、八郎は陶芸展への作品作りを、喜美子はろくろを回すのでした。

最初のうちはまずまず上手くいきますが、すぐにつまずいてしまいます。やはり、ろくろを回すことは喜美子には早すぎたようです。八郎と同じものを作ると言うことは、簡単なことではありませんでした。

結局、八郎の珈琲茶碗10個、喜美子は、ろくろを使わずに自分のやり方で10個作ることに。喜美子はとても悔しそうです

陶芸と絵付けは違うという喜美子に、同じやでと言う八郎。作っている人の気持ちが作品に伝わる、どの物作りでもそこだけは一緒やと。八郎が自分の作品と格闘している一方、喜美子は珈琲茶碗と必死に向き合っていました。

川原家では、喜美子からの電話をマツが受けています。どうやら、朝まで作業するので帰れないようです。帰らない喜美子を心配する常治は、マツに様子を見てこいと言います

差し入れを持ちながら、喜美子を訪ねるマツ。そっと商品開発室に入ります。すると、床に寝ている八郎と奥で必死に珈琲茶碗作りをしている喜美子の姿がありました。そんな喜美子の姿をそっと見守るマツなのでした。

そして、朝までかかって取り組んだ喜美子は、ようやく10個の珈琲茶碗を作り上げるのでした。

第68回はここまでです。八郎や大野の理解もあり、喜美子が珈琲茶碗を作ることができました。まだまだ最初ではありますが、陶芸家としての喜美子を垣間見ることができたお話しでしたね。

 

【第69回 将来の夢ノート(12月18日放送)】

いよいよ珈琲茶碗の素焼きをします。素焼きを終えた後は、釉薬をかけます。釉薬をかけたら、最後の仕上げ、本焼きです。何回やろうと何年やろうとこの本焼きの瞬間は慣れんという八郎、最後の最後は、運を天に任せるしかないのです。

次は、喜美子の茶碗の番。釉薬をかける前に、ほこりなどがないか入念にチェックします。その中で、2つ八郎が気になる茶碗がありました。本当のところは焼いてみないとわかりませんが、本焼きしたら割れるかもというのです。

焦り出す喜美子。とにかく焼いてみないことにはわからない、それが陶芸だと、ゆったり構えて待つしかない、不安を楽しみに変えるのだと八郎になだめられるのでした。

喜美子は、今の状況を伝えに出ていきます。

戻ると、納期に間に合えば数が足りなくてもいいと承知してくれたそう。それから、代金は10個分だけもらうことにしたと言うのです。全てタダということは大野夫妻が納得しないというのです。喜美子は勝手に決めてしまったことを誤ります。納得できないながらも受け入れる八郎。その代わり、お花の絵を描くことになったという喜美子に、ようやく納得する八郎でした。

本焼きが終わるまで、直子からもらったノートに二人の将来の夢を書き込むことに。次々に書き込んでいきます。

https://www.instagram.com/p/B6USLSzKAJI/

3月末には賞を獲ること。4月には結婚。5年後、二人の作業場ができ、夫婦窯も作り、二人で仲良く陶芸に励むと。子どもは男女一人ずつ。書いているうちに、「キスはいつするんやろ?」と八郎。「全部予定通りはつまらん」と喜美子の元へ近づいていき、キスしようとするのですが……。

第69回はここまでです。喜美子の作った珈琲茶碗はもしかしたら割れてしまうかもしれませんが、ここまでは順調にきています。八郎と喜美子の結婚への夢もますます大きくなってきて……。このまま順調に進んでいくといいですね。

 

【第70回  初めてのキスと作品の完成(12月19日放送)】

喜美子と八郎は、初めてのキスを交わします。

そして、いよいよ喜美子の珈琲茶碗を本焼きする番が来ました。お花の絵は、珈琲茶碗の中に描かれています。焼きあがると、やはり八郎の予想通り、2個割れていました。

早速、大野家に届ける喜美子と八郎。大野夫妻にとても気に入ってもらえます。帰り際、陽子から信作の恋愛事情を聞かされる二人。信作が煮え切らないので、女の子の方から去っていったそうです。陽子が知っている範囲でも、13人目とのこと

その帰り道、喜美子がもらった代金を八郎に渡します。夫婦貯金にするためです。自分の作った珈琲茶碗が売れたことを大喜びする喜美子なのでした。

一方、川原家では常治の様子が怪しく、喜美子に何か隠しているのではと疑われます。気になりながらも、丸熊陶業へ向かう喜美子でした。

常治は喜美子の結婚を反対しつつも、実は結婚に合わせて家を増築するつもりなのです。そのため、喜美子の留守中に工務店に相談したり、お金の工面を考えたりしていたのでした。

喜美子は、商品開発室に向かいます。部屋の前で、信作を見つけました。照子から連絡をもらい八郎の作品を見に来たのです

照子も現れ若社長を待つことに。そこへ、敏春が現れます。みんなが見守る中、出来上がった作品を披露する八郎。その作品を見た一同、感嘆の声を上げるのでした。

https://twitter.com/asadora_bk_nhk/status/1207438920784523265

「これはなかなかや」と若社長からお褒めの言葉をもらう八郎。照子も信作もその出来栄え、色の鮮やかさに驚かされたよう。

それは、喜美子の笑顔によって引き出された色、スカーレット色でした。

第70回はここまでです。ようやく八郎の作品が完成しました。本当に見事なスカーレット色(=緋色)でした。珈琲茶碗も無事納品したので、後は陶芸展の結果を待つばかりですね。

 

【第71回 八郎の入選と喜美子の結婚(12月20日放送)】

常治が長距離トラックの運転手で稼いだお金で、増築した離れが出来上がりました。3月30日。今日は陶芸展の入選の発表の日です。

丸熊陶業は、絵付火鉢の生産をさらに縮小し、建築資材用のタイルに力を入れ始めました。絵付の作業場で一人、結果を待つ喜美子のもとに八郎がやってきます。発表の知らせのようです。

夫婦茶碗を差し出し、これで毎日ご飯を食べようと言います。その後も言いたげな八郎でしたが、そこへ、照子が入選のお祝いを言いにやってくるのでした。ついに丸熊陶業から陶芸家が誕生したと大喜びです。

一方、川原家で電話鳴ります。てっきり喜美子から結果の知らせかと思いきや、陽子からで、お店に来たお客さんから八郎の入選を聞いたとお祝いの電話でした。

その夜は、八郎の陶芸展・新人賞受賞と喜美子と八郎の結婚のお祝いで近所の人たちが集まりました。みんなに祝福される二人でした。

みんなが帰った後、一人佇む常治にお酒をつぐ八郎。「息子がほしかった」という常治の言葉を聞くのでした。

そして、大阪から亡くなった両親の代わりに八郎を育てたお姉さんの十代田いつ子がやってきました。式も披露宴もなしで、家族写真だけ撮影することを聞きます。そんな姉に喜美子は、「このご縁を一生大事にします」と誓います

家族写真撮影の日、東京から帰ってきている直子が百合子と八郎を伴って、離れを案内してもらいます。喜美子は、八郎の姉・いつ子に髪を結ってもらっていました。

そこへ電話が鳴ります。陽子からの電話でした。何やらいい話を持ってきてくれたと言うのですが……。

第71回はここまでです。八郎は陶芸展に見事、入選しました。こうして、ようやく喜美子と八郎の結婚が決まりました。離れもできて、いよいよ新生活のスタートですね。陽子からの電話は一体何の話なのでしょうか……。

 

【第72回 喜美子に初めての依頼(12月21日放送)】

家族写真の支度をしている喜美子のもとに、陽子から電話が。お店の客で橘ひろ恵という女性が、喜美子の作った珈琲茶碗をまた作ってほしいというのです。婚礼衣装のまま「今からすぐ行きます」と思わず答えてしまった喜美子は、八郎を伴って信作の実家の喫茶店に駆けつけます。

https://twitter.com/asadora_bk_nhk/status/1208162184431312896

今回の話は、ひろ恵のおじが経営するレストランが新しく開店するので、そこに珈琲茶碗を80個ほしいという依頼でした。今の喜美子にはまだそこまでの実力も自信もなく……仕方なく断ります。

ひろ恵はカップの中に花の絵を描くことだけでも了承してほしいとのことでした。家も戻り、ようやく婚礼の記念の家族写真を撮影することができました。

月日は流れ昭和40年(1965年)。夫婦ノートに書いた予定通りに喜美子の人生は進んでいきました。丸熊陶業から独立し、二人の作業場をつくりました。二人の電気釜も入れました。

しかし、八郎の作品は一個5万などという高値にはまだいたりません。喜美子は、大量の注文品を請け負って八郎を支えています。

子どもも生まれました。予定とは違って男の子一人・川原武志です。さらに予定外だったのは、長距離運転の仕事で無理がたたって、常治の体調がすぐれないことでした。

増築にかかった借金もまだ残っていて、相変わらず貧乏な川原家です。百合子は短大への夢をあきらめ、食品を卸す会社で納品の仕事をしています。信作は相変わらずです。

そして、ちや子が喜美子のもとを訪れます。琵琶湖大橋関連の取材が終わることを告げに来てくれました。

ちや子は「女性陶芸家として世に出たらいい」と喜美子をけしかけます。しかし、喜美子は今のままで十分だと答えるのですが……。

第72回はここまでです。喜美子に初めて陶芸の依頼が来たことは驚きでした。そして、その後、夫婦ノート通りに進んでいて本当によかったです。ただ、常治の容態は気になるところですが……。

そんな来週のお話は、「第13週 愛いっぱいの器」です。なんとジョージ助川が川原家へやってきます

。常治とマツが温泉旅行に、百合子と信作が付き合うことにと気になる展開が待っています。ただ、やはり常治の体の具合があまりよくないようですね……。

 

(2019年12月現在の情報です。詳しい情報は公式サイトでご確認ください。)

最後までご覧いただきありがとうございました!