気軽に映画を観るならAmazonビデオ

朝ドラ『スカーレット』第3週「ビバ!大阪新生活」のあらすじとネタバレ

2019年10月14日~第3週目に入りました。今週から大阪編のスタートです。生まれは大阪とはいえ、家族と離れ一人きりの大阪での新生活。果たして喜美子は乗り切っていけるのでしょうか? 

スカーレット©NHK(Japan Broadcasting)All rights reserved.

第13回 大阪新生活のはじまり、はじまり!(10月14日放送分)

喜美子は生まれ故郷の大阪にたった一人で6年振りに戻ってきました。約束の待ち合わせ場所には、来るはずの荒木商事の荒木さだ社長がいつまで経ってもやって来ません。 

スカーレット©NHK(Japan Broadcasting)All rights reserved.

困った喜美子は、警察の助けを借りて、なんとか荒木商事に辿り着くのでした。その会社は、新しく女性の下着をデザインする会社でした。 

しかしながら、喜美子が働くのはその会社ではなく、さだがオーナーを務める「荒木荘」の女中の仕事だったのです。父からはさだを従妹と聞いていましたが、本当は母方の遠い親戚とのこと。 

父・常治がなんとか知り合いを頼ってさだの会社までやってきて、娘を働かせてほしいと頼み込んだというのです。仕方なく雇い入れたと聞かされる喜美子でした。 

その頃、荒木荘では、喜美子を迎える準備をしていました。さだに連れられた喜美子がやってきます。そこで2階に住む医学生の酒田圭介と初対面を果たします。 

そして喜美子に仕事を教えてくれる予定の元女中・大久保のぶ子もいました。一人きりになった喜美子は自分だけの部屋を与えられて大興奮。 

一方、大久保は喜美子には任せられない、信楽に返しましょうとさだに言い放つのでした。

喜美子はあまりの興奮ぶりに隣の部屋とのふすまを蹴り倒してしまいます。となりには別の住人が寝ていたようですが……。 

第13回目は以上です。いよいよ大阪での新生活がスタートします。が、喜美子は初日早々にやってしまいましたね。果たして、無事大阪で働けるのでしょうか? 

第14回 大阪 最初で最後の日!?(10月15日放送)

喜美子が誤ってふすまを倒した隣の部屋には女性が寝ていました。何事かと一度は起きた彼女ですが、すぐまた寝入ってしまいました。 

そんな喜美子がさだに呼ばれて食堂に行くと、そこには元・女中の大久保が待ち構えていました。荒木荘での女中の仕事は、若い喜美子には無理だと言われてしまいます。 

https://www.instagram.com/p/B3oN16wpnzx/

食い下がる喜美子に、大久保が3枚の皿を取り出します。1枚目は家族のため、2枚目は仕事のため、3枚目は関係なしにそれぞれ磨くと一番きれいになるのはどの皿か喜美子に質問する大久保。

 

喜美子が3枚目と答えると、正解は「みな同じ」でした。「お皿なんか磨いたらきれいになるわ」と。女中の仕事はそれと同じように、一生懸命やっても見た目にはどれも同じでわからない、褒めてくれる人もいない、そんな中で赤の他人の世話をするのは、若い喜美子には無理だとはっきり言われてしまいます。 

加えて、喜美子の隣の女性・庵堂ちや子は、新聞記者をしていて不規則な生活で空いた時間に帰ってきて体を休めているのだとのこと。そんな大事な睡眠を喜美子は邪魔してしまったのでした。 

最後に、晩ごはんをご馳走になります。最初は食欲のない喜美子でしたが、悲しいはずなのにあまりの美味しさにパクパク食べるのでした。 

https://www.instagram.com/p/B3oOOX3pQ9Z/

その夜、カバンの中に入れた覚えのないものを見つけます。母マツからの手紙と臭い手ぬぐいです。 

母の手紙と一緒に入っていたのは、ハガキの束でした。日頃がんばる喜美子の姿を見ていた信楽の人たちが用意してくれたのです。「一生懸命やっていれば、誰かがみててくれる」と母の手紙には記されていました。 

そして、手ぬぐいは父・常治のもので、わざと洗わずにおいてそう。父の働いた汗とにおいがしみついている手ぬぐい。そのにおいを嗅ぎながら涙する喜美子なのでした。 

第14回はここまでです。なかなか喜美子は認めてもらえずもどかしい回でしたが、家族の想い、信楽の人たちの想いを胸に、きっとなんとか乗り切る喜美子なのではないでしょうか。明日の展開が楽しみですね。

 

第15回 喜美子の挑戦のはじまり(10月16日放送)

父と母の想いを受け、喜美子は強く決意しました。 

次の朝、元女中の大久保が荒木荘にやってくると玄関で待ち構える喜美子。大久保にもらったお詫びが入った封筒を返します。そして、大久保とさだに信楽には帰らず、予定通り働くことを宣言するのでした。 

喜美子は自分の話を聞いてほしいと住人たちに、話し出します。 

大久保は柔道でいうところの対戦相手。自分が習った柔道では、まず相手を敬うことから始めるということ。 

家の中の仕事も素晴らしい仕事だと思っていて、いつか「あんたにしかできひん、まいりました」と言わせてみたいと思ったことを伝えます。それを聞いて、大久保は台所に。 

食卓には、お茶のセットがそのままにしてありました。それは、喜美子がみんなにお茶を入れろということを意味していたのです。

喜美子のことが落ち着いて、ちや子と圭介は淀川で見つかった30代~40歳の男性の溺死体の話をしていました。荒木荘のもう一人の住人を最近見ていないので、もしかしたらと疑二人。

そこに喜美子が現れて、その住人・田中雄太郎の部屋に声を掛けます。やはり何の反応もありませんでしたが、溺死体のことを聞いた喜美子は焦ってさらに声を掛けます。 

すると、ようやくふすまが開き、一人の男性が顔を出すのでした。それが、市役所務めを辞めて今は何をしているか住人もわからないという田中雄太郎だったのです。

荒木荘での家の仕事は大変です。朝4:30に起きて、表のそうじ、廊下のそうじ、ごはんの支度。住人は起きてくる時間も出かける時間も違っています。 

頼まれたら、お弁当も作ります。買い物や御用聞きの対応も大事な仕事。洗濯は、それぞれの住人ごとにきちんと分けて洗います。夕ご飯もバラバラでその都度、用意します。自分たちは空いた時間に食べます。 

覚えること考えることがたくさんあって自由な時間はありません。寝る前の束の間のひとときのみが喜美子がほっとできる時間なのでした。そして、喜美子は初めてのハガキにこう書きました。「お母ちゃん、楽しいでー!」と。 

第15回はここまでです。喜美子はなんとか大阪に残ることができてひと安心。ですが、女中の仕事は本当に大変です!ようやく住人全員そろい、喜美子の大阪での暮らしがスタートしました。頑張れ、喜美子!

第16回 父の本音(10月17日)

大阪の喜美子が出したハガキが信楽へ届きました。大阪では喜美子が大久保の厳しい指導を受けています。

そこへ、さだに呼ばれた喜美子は、電話の使い方を学びます。近所にまだ電話がない家もあるので、呼び出しを頼まれることがあるとのこと。 

一方、信楽では喜美子のハガミを見せるため大野商店にマツたちが訪れていました。そこにも電話が。喜美子に電話をかけたがる直子。なぜなら、喜美子だけ楽しいなんてズルいとふて腐れているからでした。 

夜、川原家では食事を終えると、男性陣がいつもの居酒屋へ出かけていきます。相変わらず飲んだくれて動けない常治を大野が背負って店に連れて帰ります。 

そこで、電話を見つけた常治は、思わず喜美子のところへかけてしまいます。初めての電話にとまどう喜美子でしたが、相手が何もいわないので切ってしまいます。信楽では、喜美子の声を聞いて、泣き崩れる常治の姿がありました。 

信楽から喜美子に手紙が届いたのは、それからすぐのことでした。照子からです。いかに楽しい高校生活であるか見栄を張って送って寄こしました。

手紙を読んでいると、そこへ、ちや子が仕事から帰ってきます。美紀子は食事の支度をしながら、ちや子に身の上話を始めるのでした。 

その折、喜美子が持参した「旅のおとも」の話になり、ちや子に見せることに。それは、信楽焼きのかけらでしたが、もしかしたら価値があるかもしれないというのです。それを聞いて大興奮する喜美子なのでした。 

https://www.instagram.com/p/B3s_BO0pMQp/

第16回はここまで。はじめて父・常治の本音が聞けた回でした。やはりまだ15歳の娘を働きに出すということは親としてもつらいところ。でも、喜美子の明るさと頑張りで川原家も救われています。そして、荒木荘での喜美子は徐々に住人の人たちの距離も縮まっているようですね。 

第17回 はじめてのお給料!(10月18日)

近所の歌える喫茶さえずりが新装開店しました。タダ券がついたチラシをもらう喜美子。そんな喜美子が荒木荘に来て、一か月が経ちました。仕事の段取りもずいぶん慣れました。 

 

ほっと一息つく間に何かしようという余裕でできてきました。住民たちの郵便受けに得意の絵を添えた名札を貼ったり、電話の横にある鉛筆立てを装飾したり、疲れて帰ってきたちや子の部屋の前に、コーヒーのタダ券を入れた手製の鉛筆立てを置いてみたり……。 

そんな喜美子をみて、大久保は破れたストッキングを持ってきて、合間をみて繕うように言いつけます。荒木荘の仕事か疑う喜美子でしたが、そのまま従うことに。 

その夜、ストッキングの直しをしていた喜美子は、翌朝寝坊をしてしまいます。すでに大久保が朝の仕事を終えていました。 

玄関には、例のストッキングの追加が。ひたすらストッキングを直す喜美子。そして、さらに直しのストッキングは増えていきます。とうとう我慢できなくなった喜美子は、枕に柔道技をかけストレス発散していました。 

そんなある日、さだにお弁当を頼まれた喜美子は、久しぶりに荒木商事を訪ねることに。そこでは、下着ショーに向けて、メイク講座が行われていました。 

そんな中、さだから初めてのお給料をもらいます。この当時、大卒の初任給が6000円と言われていました。一方、喜美子がもらった額は、たった1000円。 

喜美子はまだ見習いで、大久保に任されて初めて一人前だと、さだから聞かされます。さらに、不満の溜まる喜美子は、変わらず枕相手に柔道技をかけるのでした。 

第17回はここまでです。ストッキングは何の意味があるのでしょうか?気になります。喜美子のお給料は少なかったですが、早く認められ一人前になれるといいですね。 

第18回 下着ショーと引き抜き!?(10月19日放送)

川原家に郵便が届きます。それは、喜美子からのはじめの仕送りでした。全額を送ると約束していたので期待する家族でしたが、金額は1000円だけでした。

大阪では、大久保が喜美子のストッキングの直し作業を急かします。相変わらず、そのストレスを枕に向け羽交い絞めにする喜美子でした。 

夜遅くまでストッキング直しをしていると、そこにちや子が帰宅します。喜美子はちや子の夜食を準備し、二人は食卓へ。 

本当はちや子に口紅を買ってあげたかったという話になります。なぜなら、最近ちや子が疲れているようなので、元気を出してほしかったからと。ちや子の忙しさは、会社の先輩が大手新聞社に引き抜かれたためでした。 

 

下着ショーの日、喜美子はお休みをもらいました。お祝いにもらったブラウスとスカウトに袖を通してみます。でも、気付くと、洋服に合う靴がありませんでした……。そんな喜美子に、ちや子はペン立てとコーヒー無料券のお礼だとくつを貸してくれるのでした。 

下着ショーの前に、ちや子の新聞社にカメラを取りに向かいます。一緒に“旅のおとも”も持っていく喜美子。 

新聞社で価値のあるものか鑑定してもらうことに。そんな新聞社のあまりの汚さに思わず、そうじを申し出る喜美子でした。 

いよいよ下着ショーです。客席には、興味津々にショーを食い入る女性たち。さだの下着ショーは大成功に終わります。 

帰りは、荒木荘近くの「歌声喫茶さえずり」に立ち寄る二人。ちや子は、下着ショーの記事をすぐさま書きあげ、会社に電話するため席を外します。ふと見ると、なんとステージには雄太郎の姿が……。 

驚いている喜美子に、戻ってきたちや子は、かなり興奮した様子で話し出します。新聞社が喜美子を引き抜きたいというのです。今の5倍はお給料を出すと。果たして喜美子はどうするのでしょうか? 

第18回目は以上です。下着ショーに見とれる喜美子に、なんと引き抜き話まで。今回も怒涛の展開でしたが、果たして喜美子はどんな決断を下すのでしょうか?その辺の展開も気になりますね。そこも含め、来週も紹介していきます!