同期のサクラ!見逃し配信はHulu

【Amazonプライム】アニメ「約束のネバーランド」から滲み出る他人事ではない恐怖!

第2期が、2020年に放送されることが決定している「約束のネバーランド」。

前クールで大好評を博したアニメ「約束のネバーランド」の衝撃的な展開に毎話心が痛んだ人は多いかと思います。

そこで今回は、本作が何故こうも私達に強い恐怖と面白さを感じさせるのか?をテーマに、作品の魅力を紐解いて行きたいと思います。

アニメ 約束ネバーランド(C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

Amazonプライム・ビデオでチェックする

信じていた世界は嘘だった!?「約束のネバーランド」あらすじをご紹介!

約束のネバーランド(C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

本作の舞台となるのは近未来。孤児院グレイス=フィールドハウスで育った少年少女たちは里親の元へと送られるまでの期間、養母であるシスターイザベラのもとで特殊な教育を受けていた。

そんなある日、きょうだいたちの一人、コニーが里親の元へと旅立つ日がやってくる。

きょうだいたちの中でも特に秀でた才を持つエマとノーマンの二人は、折角の晴れの日に、コニーがお気に入りの人形を置いて行ってしまった事に気付く。彼女の為を思って「外へ出てはならない」という規則を破り、人形を届けに行く二人だったが、そこで目にしたのは、、

異形の生物”鬼”の為の食料として出荷されるコニーの無残な姿だった。

自分たちの育った場所が、鬼のための食肉農場だと知った二人は家族の命を守る為、農園からの脱獄を計画する・・・。

食料対捕食者!壮絶な心理戦が幕を開ける!

約束のネバーランド(C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

自分達がやがて食料として食われる事を知った二人だが、それをすぐに態度に出しはしない。

 

何故なら、イザベラ(ママ)に露見してしまえば家族を助ける事が出来ないからだ。

 

知略を駆使して農園からの脱出と、外の世界での生き残りを賭けて戦う事に決めたきょうだいたち。

イザベラに気取られぬよう、農園とその周囲について調査を開始するエマとノーマン。二人と同じく頭脳に優れたレイを味方につけ、脱出の計画立案へと乗り出すが、イザベラもまたシスターの増員クローネを招集し、子供たちへの監視体制を強化するのであった・・・。

約束のネバーランド(C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

メインとなるエマ、ノーマン、レイの三人は子供とは思えない程の明晰な頭脳を持っているのですが、相対する大人や鬼達もまたキレ者ばかり、手に汗握る心理戦は本作の面白さの中核を担っているのです。

試し読みするならeBookJapan

世界や大人への不信感。現代だからこその恐怖。

本作の主人公はみんな幼い子供達。賢く早熟ではあるものの、本来は大人や社会に庇護されるべき立場なのです。

私たちが子供であったころも、両親に守られ、学校や地域に守られて育ってきた筈。

だけど、大人になり世界や社会の実態を目の当たりにする事で初めて、子供の頃に思い描いたような世界とは違う、現実の世界の重みを知って行くのです。

そうした現実の重苦しさを社会と大人が子供に隠しきれなくなっているのが現代の大きな問題の一つなのではないでしょうか?

本作で描かれるような、食うもの食われるものの関係は現実の搾取構図への暗喩となっています。

ブラック企業、いじめ、虐待、貧困。世界の中に重く横たわる現実をフィクションという形で描いて行く、創作という行為がこの世に生まれた時から連綿と続く大きな使命。

現実をよりよくする為に、過酷で残酷な世界に立ち向かう物語を描く。

「進撃の巨人」や「約束のネバーランド」は中でも特に直接的な比喩(文字通り食い物にされる)が、用いられる作品です。

そうした作品が多く生み出されるようになる。どれも面白く意義深い作品ではありますが、何か後ろ暗い不穏さを感じずにはいられません。

約束のネバーランド(C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

本日ご紹介した作品、「約束のネバーランド」はAmazonプライム・ビデオにて見放題配信中!

ショッキングな描写、展開が多い作品ですので苦手な方は要注意ですが、その分、面白さは折り紙付き!是非、この機会に本作を鑑賞してみてくださいね!

Amazonプライム・ビデオでチェックする

(2019年6月現在の情報です。詳しい情報は公式サイトでご確認ください。)