NHKオンデマンドで7000作品を楽しもう!

映画『スモーキー・アンド・ビター』(監督:神威杏次)製作支援プロジェクト

主に90年代に数多くの映画・ドラマ等に出演。特に「仮面ライダーJ」「特捜エクシードラフト」などの特撮モノで印象深い悪役を多く演じた個性派俳優・神威杏次が、2018年から開始した映画製作の4作目。満を持しての豪華キャストが集結!した勝負作への製作支援を賜るプロジェクト。

スモーキー・アンド・ビター

クラウドファンディング募集終了日2020年02月15日まで

スモーキー・アンド・ビター 概要

題名『スモーキー・アンド・ビター』
(SMOKY&BITTER)
上映時間:120分(予定)

【脚本・監督・撮影・編集】

神威杏次

【出演』工藤俊作 平塚千瑛 萩原佐代子 / 坂本三成 萩田博之 中川ミコ 環みほ 蜂谷英昭 緒方夏生 加賀谷崇文 川島芽生 可知杏奈 小林一三 /  栩野幸知 筒井巧 伴大介 望月祐多  神威杏次

「sideA」「sideB」と題するふたつの物語が並行して展開する2話オムニバス形式の長編。「sideA」は、コメディ要素も散りばめたライト感覚のハードボイルド。「sideB」は超シリアスなクライム・アクション。従来の神威映画から、お色気、ガン・アクション、格闘アクション等の娯楽性を大幅にアップさせた120分の大作となる予定。

監督 神威杏次

神威杏次

主に1990年代、多くの映画・テレビ等に出演、特に「仮面ライダーJ」「特捜エクシードラフト」等の特撮モノでは、ほぼすべての特撮シリーズで敵役としてヒーローと戦う。また、一般映画やドラマでもメインキャストを多く経験。CX『総理と呼ばないで』では準レギュラー、『HERO』では最終回に登場するなど、190cmの身長を活かした個性派俳優として活動した。2009年の映画「GANTZ PEAFECT ANSWER」への出演を最後に、俳優活動は休止状態にあったが、2018年、突如、映画製作を開始、短編映画2本(「マイ・ガール」「アンナ-Anna-」)に続く初長編『ハートボイルド・フィクション』は、東京プレミア上映に続いて、大阪・シアターセブンでの大阪プレミアも実現。その独特の世界観を武器として脚本・監督・撮影・編集・製作・制作・宣伝…と、ほぼすべてのセクションをこなしている。

 

監督挨拶

『スモーキー・アンド・ビター』は、私が2018年から行っている自主製作映画の第4弾。長編としては2019年『ハートボイルド・フィクション』に続く2作目。作風は、持前であるクエンティン・タランティーノ風のライトなハードボイルドに、ガン・アクション、格闘アクションを加味し、一段と娯楽作を強めた内容です。満を持しての豪華キャスト陣を迎え入れ、よりクオリティを上げた勝負作としたくご支援を募るものです。何卒、ご支援・ご協力を賜りたく、何卒、よろしくお願い致します。 神威杏次

キャスト紹介PV

キャストの皆さんの紹介です!



プレミアム上映会 開催!!

2020年秋~冬【東京都内会場】にてプレミア上映会を開催します。

※日時・会場は決定次第発表致します。
早ければ2020年1月中には発表、遅くとも4月までには決定・発表の見通しです。
現在、9月上旬の開催を第一希望として、会場選定中です。
必ず「土日祝」と致します。

※当日舞台挨拶登壇キャストは未定。
 ※舞台挨拶後に、ロビーでの当日来場キャストとの面談タイムもございます。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

(2020年1月現在の情報です。詳しい情報は公式サイトでご確認ください。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。